「社員旅行を直前にキャンセル」キャンセル料を所属会社に支払わなくてはならないのか?

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

今回のご相談は、

社員旅行を直前にキャンセルしたら、キャンセル料を所属会社に支払わなくてはならないのか?です。

旅行業専門行政書士の回答

社員旅行寸前になって身内に不幸があった場合などは、当然旅行はキャンセルすると思います。

しかし、旅行直前であると所属会社は旅行会社に旅費をすでに支払っている場合が多いので、キャンセル料が発生します。

個別にキャンセル料に関して特約を設けていない場合、所属会社は旅行会社にキャンセル料を支払う義務が発生するのです。

所属会社が旅行会社に支払った費用を自分に請求された場合、個人負担で支払わなくてはならない状況になる可能性が高いです。

小さな会社だと、社長さんの一声で全てが決まる場合が多いですし、大きな会社だと「社員旅行」の社内規定があると思います

状況に合わせて確認する必要があります。

不要なトラブルを避けるため、事前に社員旅行の概要を確認し、不明点があれば担当者に問い合わせることが大切です。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してください。


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(フィリピン専門行政書士)

「行政書士三浦国際事務所所長」「行政書士・総合旅行業務取扱管理者」千葉県にてフィリピン専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、フィリピン現地英語学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識でフィリピンの方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。下記、「website」より当事務所のフィリピン専門サイトに移行します。