「マネーバンク8つの魅力」銀行や空港よりもお得な外貨両替

行政書士三浦国際事務所、代表行政書士の三浦です。

私はこれまで、オーストラリアとフィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験しました

その中で、お得な外貨両替方法や注意点等を身をもって学ぶ事ができました。

現在、数多くの外貨両替サービスがございますが、縁があり、こちらの記事を作成させて頂くことになりました。

外貨を両替(購入・売却)される際の参考になれば幸いです。

「スポンサードサーチ」

これまでの経験からお伝えできること

これまでは、日本で両替をするとレートが悪く、海外現地にて両替を行うことが一般的でした。

しかし、現地で両替を行うことは、とてもリスクが高いと考えています。

それは、強盗の存在が関係しています。

当然ですが、両替(ATMも含め)を行った後は、確実に現金を持っているため、強盗から非常に狙われやすくなります。

また、世界中どこに行っても(アイスランドやドバイなど、比較的裕福な一定の国や場所は除きます)、日本人はお金を持っていて、しかもセキュリティ意識が低いと認識されています。

加えて、日本人は体が小さく、力でも負けないと思われてしまう傾向があり、標的にされることは経験上明らかです。

いきなり、「お金くれ」と話しかけられることは多々ありますし、私は何度も身の危険を感じてダッシュで逃げたこともありますし、ドイツでは実際に強盗に現金とクレジットカードを取られて警察の方のお世話になりました

結果として、加入していた保険が適用され、被害額は大きくはありませんでしたが、命の危険を感じる恐怖と喪失感はとても色濃く残っています。

これから海外に出かける際には、(もちろん国や地域によりますが)可能な限り両替所やATMを使用せず、現地通貨とクレジットカード等でご対応することをお勧めします。

マネーバンクの魅力

これまで現地で両替を行う方が多かったのは、前述の通り、日本での両替はレートが悪かったためです。

そのため、仮に日本での両替のレートが良ければ、わざわざ危険な海外で両替をする必要はありません。

マネーバンクは、空港や日本の銀行よりもお得なレートで外貨両替が可能なだけではなく、他のWeb系ネット外貨両替の中でも、良いレートで外貨両替が可能なので利用を検討される価値はあるかと思われます

①外貨送料全国無料

Web系ネット外貨両替の中には、外貨両替のレートは良いが送料を上乗せしている企業もあります。

しかし、マネーバンクは、外貨送料が全国無料なので、余計な費用を支払う必要がないというメリットがあります。

※最低申込金額は7万円〜

②銀行振込&代金引換対応

マネーバンクは、銀行振込はもちろん、代金引換での支払いも可能です。

代金引換とは、実際に外貨を受け取った際に支払う方法です。

初めてのお取引で銀行振込に抵抗がある方や銀行振込を行う時間がない方なども、安心して利用できる体制を整えています

③外貨は当日発送

マネーバンクの魅力のひとつは、その対応の早さです。

原則として、14時までに入金が確認できた場合、当日に発送しています。

出張までに時間がない方や急な渡航が決定した方にも、安心のサービスです。

※外貨に在庫がない場合には、当日発送を行えない場合もあります。時間に余裕を持ってご利用ください。

④自宅外発送も可能

外貨を受け取ることができる場所は、自宅や職場だけでなく、空港郵便局へ局留めで送付も可能です。

そのため、出発時の当日に空港で受け取ることができるため、忙しく、受け取る時間がない方であっても安心して利用できます。

⑤24時間申し込み可能

マネーバンクでは、申し込みのタイミング=レート確定(購入・売却ともに)となります。

24時間申し込みを受け付けており、ご自身でレートを十分に確認し、申し込みのタイミングを調整できるメリットがあります

⑥店舗受け取り可能

Web系ネット外貨両替は、インターネット上のやり取りのみになることも多く、企業の実態がつかめないこともあります。

そのため、従業員の顔が見えず、取引を行う上で不信感を抱く場合もあるかと思われます。

マネーバンクでは、六本木の実店舗でも外貨を受け取ることが可能なので、必要に応じて出向くこともできます。

⑦17通貨に対応

マネーバンクは、米ドル、ユーロ、ポンド、中国元、韓国ウォン、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、カナダドル、香港ドル、シンガポールドル、タイバーツ、台湾ドル、スイスフラン、インドネシアルピア、フィリピンペソ、マレーシアリンギット、ベトナムドンに対応しており、幅広い通貨を利用可能です。

⑧口座開設等が不要

マネーバンクは、口座開設等の諸手続きが不要で、面倒な手間をかけずに、申し込みのみで外貨両替が可能です

「スポンサードサーチ」

マネーバンクとクレジットカードの違い

海外のお買い物はクレジットカードで行う方も少なくないと思います。

しかし、あまり知られていませんが、海外でクレジットカードを利用すると利用額の1.63%が加算(為替手数料)されます

為替手数料の比率は、カードによって多少違いがありますが、クレジットカードを利用すると加算されることは知っておいて損はないと思います。

まとめ

銀行や空港の外貨両替手数料は、通貨や両替のタイミングによって10%以上の手数料を取られてしまうこともあります。

外貨両替の方法は、銀行や空港、Web系ネット外貨両替等、様々な方法で行うことができますが、Web系ネット外貨両替はレートが良く利用価値が高いと思います。

特にマネーバンクは、Web系ネット外貨両替の中では歴史があり、多くの実績を有しています

詳しい利用方法や企業情報は、下記マネーバンク公式ホームページをご覧ください。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。