「海外プリペイドカード特集」キャッシュパスポート

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

「留学や海外旅行時、どのようにお金を持っていきますか?」

現金やクレジットカード、デビットカードなど、海外でのお金の管理方法は様々な選択肢があるため、迷ってしまう方も少なくないと思います。

著者は、「リスクを分散させる」ということに注力し、「現金・クレジットカード」と併せて、「プリペイドカード」を持参するようにしています。

「プリペイドカード」とは、その名の通り、入金した分だけ使用できるカードになります。

クレジットカードのように直接銀行口座に直結するわけではないので、もしものスキミング被害の場合にも、損害額を最小限に抑えることができるメリットがあります。

そのため、街歩きなどの観光時には、「安全性」と「利便性」を併せ持っている「プリペイドカード」は重宝します

著者は、ドイツで強盗に遭い、クレジットカードと現金(約5万円)の盗難被害にあいました。

その際、被害額を最小限に抑えるために、国際電話でクレジットカード会社に連絡したり、現地の警察に連絡したりと悪戦苦闘した経験があります。

「もう、2度とそんな思いをしたくない」という考えから、現在は、必ずプリペイドカードを持参しています。

今回は、使い勝手が良いプリペイドカード、「キャッシュパスポート」をご紹介したいと思います。

「スポンサードサーチ」

「キャッシュパスポート」で得られるメリット

  1. 日本のATMから振込むことができるので、海外渡航中にお金がなくなっても、日本在住の家族や友人に「簡単・安全・ローコスト」で入金してもらうことができる
  2. スペアカードが発行されるので、メインカード紛失時も安心
  3. 未成年・学生の方でも所持することができるので、語学留学に最適
  4. 24時間365日のカスタマーサービスがあるので、もしものトラブルも安心
  5. 年会費無料
  6. カード発行手数料無料
  7. 銀行口座開設不要
  8. 申し込みから1週間程度で手元に届くため、急な海外渡航にも対応
  9. マスターカードのブランド力を活かし、210以上の国や地域で使用できる
  10. ATMで引き出せるため「キャッシュカード」のように使用することも、食事やショッピングでも使用できるので「クレジットカード」のようにもなる

利用方法

「キャッシュパスポート」はお申し込みから一週間程度で手元に届くので、急な海外渡航にも対応可能です。

また、「年会費無料」「カード発行手数料無料」銀行口座開設不要」と、カード発行の手間がかからないだけでなく、「入金」→「利用」というシンプルな利用規定となっているので、使用時にもストレスは感じないと思います。

「スポンサードサーチ」

他との比較

「プリペイドカード」は、他と比較するとその使い勝手の良さが明確になります。

特に、海外旅行や短期留学のように、短い期間の海外渡航の際にはとても重宝します。

2012年の統計では日本人海外旅行者1849万人のうち推計159万人が何らかのトラブルに遭遇しており、その約75%は「盗難・紛失」被害となっています

最も多いのは「現金」の盗難・紛失で、その被害総額は推計152億円です。

被害要因は、「スリ」が約40%と最多となっており、「多額の現金を持ち歩くこと」は危険です。

また、スキミング被害等により被害額が膨れ上がってしまう「クレジットカード」を、観光時に持ち歩くことはリスクが高いと言えます。

安全性と利便性を兼ね揃えたカード

このように「キャッシュパスポート」は、「安全性」と「利便性」を兼ね揃えた「新しい海外へのお金の持参方法」と言えるのではないでしょうか。

著者は、正直なところ、初めての留学の際には「プリペイドカード」を持参しませんでした。

正確には、「プリペイドカード」というもの自体を知りませんでした。

年々、海外との距離も近づき、様々なサービスが登場したことで、ますます海外渡航が容易になってきていると思います。

その中でも「プリペイドカード」の登場は、多くの海外渡航者をサポートする素晴らしいサービスだと感じています。

特に、「キャッシュパスポート」は210以上の国や地域で使用できるため、様々な国々でそのサービスを受けることができます

こちらの記事では、アメリカ・オーストラリア・カナダの利用場所例を掲載していますが、もちろん、その他の国々でも、これらの3国と変わらない「安全性」と「利便性」で利用することが可能です。

掲載しております店舗は一例です。「キャッシュパスポート」は、マスターカードブランドなのでその他、多くの店舗で使用可能です。

「スポンサードサーチ」

お申し込みは簡単4ステップ

キャッシュパスポートは、「キャッシュパスポート公式サイト」からの申し込み可能です。

「ご出発予定日」「渡航国」等の入力後、氏名や住所を登録し完了です。

未成年の方、学生の方もお申し込みできるだけでなく、1週間程度で手元に届くそのスピーディーさも魅力のひとつです。

「キャッシュパスポート」は、発行手数料・年会費ともに無料なので、保有していて損はない1枚です。

詳しい情報は公式ホームページへ

クリックで拡大できます。

「スポンサードサーチ」

海外プリペイドカード一覧

カード名特徴
Manew Cand(お勧め)「年会費無料」「引き出し手数料2USD」「5通貨でのチャージ可能」
JTB MoneyT Global「年会費無料」「引き出し手数料200円(税込)」「JTB日本語サポートがある」
キャッシュパスポート「年会費無料」「引き出し手数料200円(税込)」「Tポイントが貯められる」


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。