フィリピンATM使い方「日本語→英語翻訳」

旅行・留学業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

今回は、フィリピンでのATMの使用方法をご紹介します。

「スポンサードサーチ」

フィリピンのATMの操作方法

ATMは、銀行や機械によって操作方法もさまざまですが、 一般的なATMの操作例を挙げておきます。

操作手順 01

カードを入れます。日本のATMと比べて、カード吸い込みが雑なので優しく差し込む必要があります。

操作手順 02

使用言語を「English」にします。

操作手順 03

手数料がかかることを承認するかどうかです。約200ペソ(450円ほど)です。確認後、「Confirm」ボタンを押します。

操作手順 04

・SAVING ACCOUNT(普通預金口座)
・CHECKING ACCOUNT (当座預金口座)
・CREDIT CARD (クレジットカード口座)

のいずれかを選択するように促される場合が多いです。

もしくはCREDIT CARD の代わりにCASHING ACCOUNT の場合もあるようです。

通常の銀行引き出しであれば、SAVING ACCOUNT(普通預金口座)を選択します

当座預金であれば、CHECKING ACCOUNT (当座預金口座)を、クレジットカードからのキャッシングであればCREDIT CARD (クレジットカード口座)を選択します。

操作手順 05

・WITHDRAWAL(引き出し)
・CASH ADVENCE(キャッシング)

を選択します。

通常の銀行引き出しであれば、WITHDRAWAL(引き出し)を選択します

操作手順 06

金額を入力し、「Confirm」ボタンを押します。

操作手順 07

最後に暗証番号を押して完了です。

注意点 引き出した後に、カードが機械に吸い込まれてしまう可能性があるので、カードが出てきたら現金よりも先にカードを取りましょう。

ATMでよく使われている英単語例

ATMにはさまざまな種類があり、使われている単語もまちまちです。よく使われる代表的な単語の一例を下に挙げてみました。

英語 日本語訳
ACCOUNT 口座
AMOUNT 金額
ATM 現金自動預け払い機(Automatic Teller Machine)
BALANCE 残高
BALANCE INQUIRY 残高照会
CASH 現金
CASH ADVANCE 現金引き出し(キャッシング)
CASHING ACCOUNT クレジットカード口座
CD 現金自動払い機(Cash Dispencer)
CHECKING 当座預金
CHECKING ACCOUNT 当座預金口座
CORRECT 確認
CURRENT ACCOUNT 当座預金
DISPENSE 支払い
GET CASH 現金引き出し
ID NUMBER 暗証番号
INQUIRY 照会
PIN 暗証番号(Personal Identification Number)
SAVING 普通預金
SAVING ACCOUNT 普通預金口座
SECRET CODE 暗証番号
TRANSACTION 取引
TRANSFERT 振替(振込)
WITHDRAW 引き出す
WITHDRAW AMOUNT 引き出し金額
WITHDRAWAL 引き出し

 

「スポンサードサーチ」

まとめ

フィリピンのATMは、日本と比べて、操作性が悪いことが多いです。また、そもそも稼働していない「out of order(故障中)」になっていることもしばしば。

加えて、カードの吸い込みが悪かったり、なぜかお金が引き出せなかったりと戸惑うことが経験上多いです

その場合は、使用カードやATMを変えると引き出せたりします。

そのため、複数の海外キャッシングカードやクレジットを作成しておくことをお勧めします。

日本と比べると少々不便が多いフィリピンATMですので、日本から最善の準備をすることが大切です。

「マネパカードの特徴」30ヵ国の海外旅行で実際に使用した感想

2018.04.07

「国際キャッシュカード」と併せて「海外プリペイドカード」の利用を検討する理由

2018.04.06


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。