「重要」フィリピン留学前に予防接種は必要?セブ留学専門カウンセラーがお伝え

旅行・留学業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

今回は、フィリピン留学時に予防接種を受ける必要があるのかというご質問です。

フィリピンの衛生状態をテレビなどで見ると不安になる場合があると思います。

しかし、結論から言いますと、私を含めフィリピン留学時時に予防接種を受けている割合は少ないです

というのも、語学学校がある地域はフィリピン国内でも安全で裕福な場所が多く、感染症のリスクがほとんどないという事があげられます。

ジャーナリストのようにスラム街を歩き回る事がない、留学生の方にとって必ず必要とまでは言えないのです。

しかし、予防接種を受けておくと安心なのは間違いありません。

今回はフィリピン留学での感染症のリスクをご紹介します。

スポンサーリンク

フィリピンの気候と注意すべき病気

  • フィリピンは熱帯性気候により一年中暖かく、年平均気温は26~27℃になります。7000余りの島々から構成されており、雨季(6月~11月)と乾季(12月~5月)に分かれています。また、雨季でも1日2時間ほどの降雨です。この時期は台風も合わせて頻繁に発生するので注意が必要です。
  • フィリピンで注意すべき病気は腸チフス、アメーバ赤痢、細菌性赤痢、A型肝炎などになります。ミネラルウオーターを飲用し十分加熱されたものを冷めないうちに食べることがリスク回避につながります。
  • フィリピンではデング熱、日本脳炎、マラリア、サルマラリアのリスクがあります。
  • 寄生虫疾患も発生するので、川などでの水遊びは避ける必要があります。
  • フィリピンでは狂犬病での死亡者数が常に世界上位5ヶ国に入っているので、野犬などには十分注意が必要です。

フィリピン留学で受けるべき予防接種(任意)

フィリピン留学の際に考えられる予防接種は、A型肝炎、B型肝炎、破傷風、狂犬病、日本脳炎の5つです

特に狂犬病が一番、重要度が高いと言えます。前述したようにフィリピンは狂犬病の被害が多い地区です。また、狂犬病は発症すると100パーセント死亡する恐ろしい病気でもあります。

狂犬病の犬はすぐに異常な感じがわかるので、様子のおかしい野犬などに遭遇した場合は建物の中に避難するか、騒がず刺激しないようにすることが大切です。また、狂犬病は猫や猿からも感染するので、犬以外の動物にも注意が必要です。

フィリピンでは日本円で数十円からタクシーに乗ることができるので移動の際はタクシーを利用すると良いと思います。

20代後半以降の場合は破傷風にも注意

日本では幼少期に3種混合ワクチンで破傷風の予防接種を行っているのですが、そのワクチンは20代前半までしか持続しないので、20代後半以上の場合は破傷風の予防接種をする方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

医療情報

現地で体調が悪くなってしまった場合は、大型医療機関に足を運びましょう。

フィリピンではマニラやセブなど大都市では医療機関が整っていると言えますが、地方ではまだ安心して受診できるとは言えない病院が多いです

病気面が心配な場合は、セブやマニラでの留学が良いでしょう。セブやマニラは世界各国の企業が集まる大都市であり、日本語対応の医療機関もあります。

フィリピン留学で一番注意すべき病気は食中毒

フィリピン留学では予防接種も大事ですが、食中毒対策が最も重要になります。

食中毒は予防接種では防ぐことができないので、普段の生活の中で注意する必要があります。疲れを溜めないこと、生活リズムを整えることで免疫力を高めることが大切です。

「フィリピン留学・旅行時の食事や水の注意点」飲料水・フルーツ・露店

2018.03.09

まとめ

私は、フィリピン語学学校のスタッフとして勤務していた時、毎日のように生徒さんの付き添いで病院に行っていました。中にはフィリピンの環境が肌に合わず体調を崩し、予定日よりも前に帰国した方もいます

なので、予防接種をしていなくても私のように元気に暮らせる場合もあれば、細心の注意を払っていても病気にかかってしまうこともあります。

私自身が予防接種を受けていないので、偉そうなことは言えないのですが、病気のリスクを下げるために予防接種を受けてからフィリピン留学すると安心かと思います。

フィリピン留学のパイオニア企業 School With

私(三浦)がお勧めするフィリピン留学エージェントは、「School With」です。

School Withは、日本国内最大級の留学・語学学校案内企業であり、「口コミ」「評判」「学校情報」を随時更新しています。

School Withは、個別相談無料、学校手配料も無料です(学校側から手数料を受け取り運営しています。)

留学生の方は全て無料で利用できるため、フィリピン留学の情報を集めるだけはもちろん、実際にフィリピンにご留学される際にもお勧めです

帰国後体調チェック

帰国後にこちらのシートで体調確認できます。

帰国後にこちらのシートで体調確認後、異常を感じるようであれば医療機関を受診しましょう。

「格安予防接種」タイ・バンコクで世界一周の準備

2018.04.20
※タイでは格安に予防接種ができるので、渡航予定がある場合は安い費用で受診できます。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

「当サイト運営者」千葉県 行政書士三浦国際事務所代表の三浦です。私は世界5大陸約30ヶ国へのバックパッカー旅を経て、書類作成・在留資格(ビザ)・中小企業支援専門の行政書士事務所を経営しております。

書類作成、在留資格(ビザ)及び中小企業支援に関するご依頼・ご相談は、下記LINEまたはお問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。料金表&各専門サイトへのリンク先にて当事務所の料金表及び業務詳細(当事務所専門別サイト)をご案内させて頂いております。

※「LINE追加」スマホの方はこちらの文字をクリックしてください。


現在無料ダウンロードキャンペーン中

「ココナラ」での販売実績100件越えの行政書士試験最短合格テキストが、本ホームページからは、ダウンロード無料(ココナラでの販売価格3,500円)です。また、本ホームページからの「ココナラ」登録で300ポイント(300円相当)が獲得できます。→ココナラ公式サイト


 

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎「書類作成・在留資格(ビザ)・中小企業支援専門行政書士」

「行政書士三浦国際事務所所長」「行政書士・総合旅行業務取扱管理者」千葉県にて、書類作成・在留資格(ビザ)・中小企業支援専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、フィリピン現地英語学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識でご依頼者様をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。下記、「website」より当事務所の書類作成専門サイトに移行致します。