「最新版」現在フィリピンの旧通貨は使用不可!?通貨の基本情報と注意点・フィリピン留学前に要チェック!

旅行・留学業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

フィリピンは「Peso(ペソ)」を通貨として使用しています。

そこで、フィリピン留学・旅行前にまずチェックしておきたい、フィリピンペソの基本情報をご紹介したいと思います。

「スポンサードサーチ」

通貨の種類「フィリピン通貨」

紙幣はP1000、500、200、100、50、20、10、5の8種類ありますが、P200、10、5はあんまり流通していません。

お札は20ペソが一番手にする場面が多いような気がします。

気がつくと財布の中が20ペソだらけになります(私だけかも知れませんが)。しかし、20ペソはタクシーや売店など、使い勝手が良いので重宝します。

1,000ペソを出すと露骨に嫌な顔をされることが多いので、大型ショッピングモールや空港などで、細かく崩しておくと良いと思います

硬貨はP10、5、1、¢50、25、10、5、1の8種類ありますが、¢50、10、5、1はあまり流通していません。

紙幣・硬貨ともに流通していないお金が多いのがフィリピンの特徴です。日本の2,000円札のような存在のお金があるのです。

2010年に新通貨発行「フィリピン通貨」

スクリーンショット 2016-06-03 13.20.44

フィリピンのお金は色鮮やかです!

2010年に新しいお札が発行されたので、真新しい綺麗なお札に出会うことができます。

昔のお札はボロボロになっていることが多いので、新札と並ぶと古い通貨が偽札に見えてしょうがありません。

「スポンサードサーチ」

フィリピンペソ記号「フィリピン通貨」

知らなくても実生活には全く問題ないのですが、参考までに。

ペソ使用の注意点「フィリピン通貨」

2010年以前の通貨は、2016年1月1日に基本的には使用できなくなってしまいました。

2017年1月1日までは中央銀行・各地銀行で旧通貨と新通貨を交換することができ、2017年1月1日以降は完全に旧通貨は使用できなくなります

「追記」2017年1月1日以降にフィリピンへ渡航しましたが、街中では旧通貨は使用できませんし、銀行で交換しようとしても、たらい回しにあってしまいました。フィリピンでは、日本とは異なり、煩わしい業務の場合、応じてくれないことも多いのです。銀行であっても交換を断られることがあるので、根気強く交渉することが必要です。

「スポンサードサーチ」

まとめ

フィリピンの人達は、なぜかお札をぐちゃぐちゃに丸めて財布の中に入れます。

次に使う時に面倒くさいような気がするのですが、みんなそうするので、お札がシワだらけです。

支払い時もまるで、ゴミを捨てるかのように丸まった紙幣を取り出す人もいるので、文化の違いを感じずには入られません。日本ではそんなことしたらちょっとまずいですよね。

フィリピンのお札は洗濯しても破れない頑丈な作りになっているので、そんなことになっているのかもしれませんね。

今後、フィリピンへ留学や旅行で渡航する場合は、両替と併せてお金の扱いにも注意が必要です。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。