「JTB MoneyT Global」のメリット・デメリットと利用方法!海外プリペイドカード特集

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

人気海外プリペイドカードである、マネパカードやキャッシュパスポートと並んで、人気の「JTB MoneyT Global」は、海外ATMからの現金引き出しはもちろん、Visa加盟店でショッピングを楽しむことができる1枚になります。

海外プリペードカードは、利便性と安全性を兼ね揃えているため、クレジットカードと併用して利用する方法が良いと思います。

海外では、個人証明のためにプリペードカードではなく、クレジットカードで支払う必要がある場合があるからです(イミグレーションや旅行代理店等)。

しかし、クレジットカードは、銀行口座と直接つながっているため、スキミングされた場合の被害額が高額になってしまいます。

そのため、個人証明の際などにはクレジットカード、普段の利用にはプリペイドカードと、使い分けると良いかと思われます。

こちらの記事では、「JTB MoneyT Global」をご紹介したいと思います。

「スポンサードサーチ」

クレジットカードがスキミングされた時の保証はどうなる?

銀行口座に直結しているクレジットカードは、スキミングの被害に注意しなくてはなりません。

クレジットカードにより異なりますが、スキミング被害に遭ってしまった時は、被害金額が補償されない可能性があります。

また、被害から一定時間、クレジットカード会社に連絡しないことや対応によっても補償の有無が変わる場合があるので、スキミングに遭わないように事前対処することはもちろん、被害に遭ってしまったらすぐにクレジットカード会社に連絡を入れる必要があります。

一方、「JTB MoneyT Global」などの海外プリペイドカードは、使用する金額のみを入金して使用するカードなので、銀行口座には直結していません。

そのため、海外プリペイドカードは、スキミング被害を最小限に抑えられるメリットがあります。

スキミング(英語: Skimming)とは、カード犯罪で多く使われる手口の一つで、磁気ストライプカードに書き込まれている情報を抜き出し、全く同じ情報を持つクローンカードを複製する犯罪である。

「JTB MoneyT Global」運営会社

JTB MoneyT Global公式サイトより引用

カード名にも示されていますが、「JTB MoneyT Global」の運営会社は、日本最大の旅行会社JTBです。

そのため、安全性や安心と合わせて、24時間対応コールセンター利用、世界40都市JTB海外トラベルデスクのサポートを受けることができます。

「スポンサードサーチ」

「JTB MoneyT Global」とは

「JTB MoneyT Global」は、JTB発行のプリペイドカードで、入会審査はなく、どなたでも気軽に申し込み可能なカードになります。

また、ICチップが搭載され、セキュリティ面も万全です。

未成年でもカードを作成することが可能なので、お子様の修学旅行や海外旅行にも安心して持たせることができます。

「JTB MoneyT Global」への入金方法

「JTB MoneyT Global」への入金は、銀行やコンビニのATM、インターネットバンキング等で行うことができます。

インターネットバンキングを所持していれば、海外現地でも気軽に「JTB MoneyT Global」に入金することができるため、必要な分だけ必要な時に入金が可能で、安全性と利便性が高いシステムになっています。

「スポンサードサーチ」

「JTB MoneyT Global」の利用方法

入金が完了した「JTB MoneyT Global」は、海外ATMからの引き出しやVisa加盟店でショッピングでの利用になります。

「JTB MoneyT Global」は、Visa・PLUSマークがあるATMで引き出すことができます。

著者は、これまで約30ヵ国へ渡航しましたが、Visa・PLUSマークがあるATMを探して駆け回るという経験はありません。

世界中に230万台以上設置されているので、引き出し場所に困ることはないと思います。VISAのATM検索

「JTB MoneyT Global」メリット

  1. 年会費やカード発行手数料、口座管理手数料、チャージ手数料が全て無料
  2. 「24時間対応日本語コールセンター」「世界40都市JTB海外トラベルデスク」など国内最大のJTBサポートが受けられる
  3. 個人プランでは「危険回避速報」をメールで受信できるので海外現地情報を把握できる

「スポンサードサーチ」

「JTB MoneyT Global」デメリット

  1.  ATM手数料(200円/回)やJTB MoneyT Globalから銀行口座への払い戻し手数料(540円/税込)がかかる
  2. 他のプリペードカードより為替手数料(5%)が高い
  3. 残高照会手数料(100円/回)がかかる
  4. カード暗証番号の再発行ができず、忘れた場合は、カード再発行になる(540円/税込)

「JTB MoneyT Global」申し込みについて

JTB MoneyT Global」は、お申込みからカード発行まで1週間~10日程必要になります。

日本国内在住で、「eメールアドレス(gmailやYahooメールなどのフリーメールでOK)」と「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」など本人確認ができればお申込みすることができ、クレジットカードのような審査は不要です。

総合して

「JTB MoneyT Global」は為替手数料やATM手数料、払い戻し手数料など「マネパカード」や「キャッシュパスポート」と比べて、少し割高になってしまう傾向にあります。

なので、海外プリペードカードに「費用面の安さ」を最も重要視すると、他の2枚に軍配があがると考えています。

しかし、「JTB MoneyT Global」はJTBが運営しているため、JTBの充実したサポートを受けられるメリットがあります。

特に、24時間日本語コールセンターサポートは重宝するかと思われます。

海外でのトラブルを、日本語で問い合わせられることは大きな安心材料だからです。

そのため、海外旅行に手数料など費用面の安さを重視するのではなく、より充実したサポートを求める場合は最適の1枚になると思います。

海外プリペイドカード一覧

カード名特徴
Manew Cand(お勧め)「年会費無料」「引き出し手数料2USD」「5通貨でのチャージ可能」
JTB MoneyT Global「年会費無料」「引き出し手数料200円(税込)」「JTB日本語サポートがある」
キャッシュパスポート「年会費無料」「引き出し手数料200円(税込)」「Tポイントが貯められる」


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。