フィリピン留学には欠かせないファーストフード!フィリピンの国民食ジョリビーの魅力!

フィリピンにはマクドナルドより国内人気の高い「ジョリビー」というファーストフード店があります

日本のコンビニのように道を歩けば、ジョリビーがあると言っても過言ではない存在です。ハンバーガー屋なのですがライスセットなども用意しており、様々な用途に利用することができます。

ジョリビーはフィリピン発のファストフードチェーンで、ジョリビーがあるおかげでフィリピンではマクドナルドがハンバーガーチェーンシェアの首位を獲れない数少ない国となっています

ジョリビー(Jollibee)はフィリピンのファーストフードチェーン店。フィリピン華僑のトニー・タンが率いるジョリビー・フード・コーポレーションによる運営である。現在、フィリピンの他にアメリカ、香港、ベトナム、インドネシア、ブルネイ、サウジアラビアに進出している。日本進出も予定している[1]。創業は1975年で、元々はアイスクリーム店だった。2006年3月現在、フィリピンに1287店舗、フィリピン以外の諸外国に161店舗を構える。蜜蜂を模したマスコットが特徴。

マクドナルドよりも倍近い国内店舗数を誇る

スクリーンショット 2016-05-14 19.42.57

ジョリービーが858店舗に対してマクドナルドは457店舗。フィリピンではハンバーガーショップといえば「ジョリビー」なのです。

フィリピン人や日本人が好む甘だれが絶品

スクリーンショット 2016-05-14 21.03.21

フィリピン人は醤油と砂糖を合わせたような「甘だれ」を好んで食べます。その味覚の好みをしっかり把握して商品開発しているので、ここまで急成長したと考えられます。

私も実際に食べましたが、日本人好みの味であると感じました。アメリカンな大味を好む場合はマクドナルドが勝ると思いますが、テリヤキバーガーなどが好きな場合は、ジョリビーのメニューは魅力的なものと言えます。

ライスメニューが嬉しい

スクリーンショット 2016-05-14 20.29.21

フィリピン人も日本人と同じく、ライスを主食としている人が多いので、ハンバーガーショップらしからぬライスメニューが存在します。

フィリピン米は日本米と比べて、多少水分が少なくパサパサしていますが、味の濃いチキンや、ハンバーグとの相性は抜群です。ライスはハンバーガーのように包まれて出てくるので、軽くカルチャーショックを受けます!

スパゲッティメニューも用意

スクリーンショット 2016-05-14 20.59.35

もはや何のお店かわからなくなりますが、スパゲッティメニューもあります

パスタは実際に食べてみて、お勧めはできないかなという感じなので実際に足を運んだ際はハンバーガーメニューかライスメニューが良いかと思います。

最安値ハンバーガセットがリーズナブル

スクリーンショット 2016-05-14 19.39.11

最安値のセットはハンバーガーセットで62ペソ(約150円)。マクドナルドのハンバーガーセットは95ペソ(約237円)なので、ジョリビーは50円ほど安くセットを購入することができます。

最高値のセットはアロハチャンプセット185ペソ(約462円)。マクドナルドはビックマックセットの181ペソ(約452円)となり、ジョリーの方がやや高い結果に。

ちなみにジョリビーの1番人気のバーガーステーキセットは95ペソ(約237円)となっています。

サイズ注文の注意点

ジョリビーではサイズの注文が、一般的なSmall/Medium/Largeではなく、Regular/Large/Extra Largeとなります。LargeはマクドナルドのMediumとなり、Extra Largeは急に大きくなるので、一人で食べる場合はLargeあたりにしておいた方が良さそうです。

主要都市のジョリビーの店構え

セブ島

マニラ

おまけYOUTUBE

まとめ

私は2011年にフィリピン留学をした際に初めてジョリビーの存在を知りました。

ミツバチのキャラクターが衝撃過ぎて、一番最初にフィリピンで食べたご飯がジョリビーでした!ジョリビーは日本に進出するという噂がありますが、2017年現在ではまだ日本に進出していないので、日本ではまだ食べることができません。

独特なキャラクターが日本を席巻することはあるのでしょうか。今後が楽しみです!

参考

ジョリビー公式サイト

世界最大の旅行サイト【トリップアドバイザー】

地球の歩き方 フィリピン 2016~2017


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表。Tabi Joy運営者。大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。これまで約40ヶ国へ渡航。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者」