フィリピン留学 人気都市別気候・気温まとめ!「マニラ・セブ・バギオ・ダバオ」

旅行業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

フィリピンの基本的な気候は熱帯海洋性で、一年中暑く湿度が高いです。

季節は3つに別れており、3月~5月は暑く乾燥、6月~11月は雨季、12月~2月は涼しく乾燥しています。気温は1年を通して、21℃~32℃ほどで、1月が最も寒く、5月が最も暑くなっています。

フィリピンは台風が多いことでも知られており、7月~10月の時期に多く発生しています。

「スポンサードサーチ」

ルソン島の気候

マニラ

マニラ

バギオ

バギオ

レガスピ

レガスピ

セブ島の気候

セブ・シティ

セブ

「スポンサードサーチ」

ミンダナオ島の気候

ダバオ

ダバオ

スリガオ

スリガオ

サンボアンガ

サンボアンガ

ヴィサヤ諸島パナイ島の気候

イロイロ

イロイロ

タクロバン

タクロバン

「スポンサードサーチ」

パラワン島の気候

プエルト・プリンセサ

プエルト

フィリピンは1年中暑い地域が多く、体調管理を心がける必要があります。地域によって、気温や洪水量は異なるため、留学前にチェックしておくと安心かと思われます。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。