「行政書士 求人」で検索しても求人が少ない理由

旅行業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

 「行政書士 求人」で検索するとなかなか求人がないことが多いと思います。

ネット上では行政書士は仕事がないから、求人がないという情報が多くありますが、正確には行政書士は、基本的に個人で活動している仕事だから求人が少ないと言えます

もちろん、行政書士法人等の多数の行政書士の先生が在籍している事務所もあります。

日本行政書士会の発表によると、平成29年10月現在、行政書士法人数は、日本に554社しかありません。

一方、個人行政書士事務所は、46,957人登録しています。

つまり、多くの行政書士の先生は個人事業主として活動し、専門性を高めています。

個人事務所であっても、スタッフを雇うことはできますが、スタッフは数人程度がほとんどですし、身内等にお願いしている先生も多いです

そのため、一般的な求人サイトに行政書士としての仕事が掲載されることは少ないと考えられます。

特に行政書士は独立資格と言われているので、一人で仕事をしたい方が取得する傾向にもあるようです。

行政書士は、求人を求めるよりも自分のスキルを高め、自分の専門性を高めることが重要だと考えています。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。