「TOEIC攻略裏技」パート別対策・勉強法

こちらの記事は、TOEICの各パート攻略法をまとめたものです。

著者は、大学卒業後、オーストラリアとフィリピンに留学しました。

私は、純日本人で、なおかつ大学卒業まで海外生活経験がなかったため、英語は全くわからないところからのスタートでした。

こちらの記事が、少しでも英語学習の参考になれば幸いです。

「スポンサードサーチ」

TOEICパート1

TOEICパート1は写真描写問題ですので、比較的他のパートに比べて難易度は高くありません。

そのため、ハイスコアを目指す際には「絶対に落とせないパート」になると考えられます。

人が大きく写っている問題

写真に大きく人が写っている場合は、ほぼ「人の動作が正解肢」になります。人が何をしているか?を問われる可能性が高いので、人の動作に注目しましょう

人と状況が半々に写っている場合 こちらのパターンは難易度が高いと言えます。人の動作について問われることもありますし、状況について問われる可能性もあるからです。

「人の動作」「写真内にあるもの」など全体の構成を把握することを心がける必要があります。

状況が大半を占める・人がいない場合 こちらの場合の攻略法は、「選択肢が受動態の場合は不正解肢」「人が主語になっている選択肢は不正解肢」ということです

受動態の場合「〜されている」という意味になるので、状況を問われている問題で正解肢が受動態になることは考えづらいからです。

また、人が写真内にいないのに人が主語になっている場合も、不正解肢になります。

過去形の選択肢は不正解

パート1は写真描写問題なので、例外なく「現在起きていること」が正解肢になります

そのため、過去形の選択肢は問題を聞かずに除外することが可能なのです。

明確に見えている状況が正解

選択肢の中には、「そうかもしれない」ということを想像できるものがあります。

例えば、「彼女は楽しいと感じている」というようなものです。

確かに楽しそうと写真から読み取れるかもしれませんが、このように想像できるものが正解肢になることはありません。

パート1の正解肢はいつでも「明確に見えている状況」だからです。

写真に写っていないものは不正解

写真に登場しているない物が登場した選択肢は不正解になります

そのためパート1対策として「はしご(ladder)」「手押し車(Wheelbarrow)」「乗り物(vehicle)」など頻出単語を正確に聞き取れるようにしておくことが大切です。

TOEICパート2

TOEICテストパート2は、最初の1単語を聞き取ることができるだけで、正解率を飛躍的に向上させることができます。