「フィリピンパラワン島」シークレットガーデンの魅力

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

フィリピンには、まだまだ一般的には知られていない観光地が多くあります。

日本〜フィリピンは、飛行機で4〜5時間ほどのフライトなので、週末でもご旅行を楽しめます。

今回は、数ある魅了的なフィリピンの観光地の中から、パラワン島の「シークレットガーデン」をご紹介いたします。

「スポンサードサーチ」

シークレットガーデンとは

4種類のツアーが用意されています。

4種類のツアーが用意されています。

シークレットガーデンに訪れる一般的な方法は、「エル二ド」からのツアーに申し込む方法です。

ツアー費用は、1200ペソから1400ペソほどです(現地で申し込む場合)。

複数のツアーがありますが、各ツアーともに5か所ほど観光スポットを周ります。

シークレットガーデン地図

「スポンサードサーチ」

シークレットガーデンの魅力

スクリーンショット 2016-05-24 9.58.45

シークレットガーデンの魅力は、「非日常体験」ができることだと思います。

映画のセットのような幻想的な自然に癒されること間違いなしです。

しかし、注意しなくてはならないことは、繁忙期はとても混雑するということです。

シークレットガーデンの観光範囲は狭く、観光客数次第では、ゆったりとくつろげない可能性があることは考慮する必要があります。

フィリピン観光の一般的な繁忙期:日本の正月時期とお盆時期

シークレットガーデンへのアクセス方法

スクリーンショット 2016-05-24 9.59.17

前述の通り、シークレットガーデンを訪れるためには、まず、「エルニド」へアクセスする必要があります。

その後、「エルニド」にてシークレットガーデンツアーに申し込む形になります。

日本(成田)〜エルニドまでの一般的な渡航経路は、成田からマニラorセブへ。

マニラorセブから乗り継いで、プエルトプリンセサ空港へ。

プエルトプリンセサ空港到着後は、乗り合いバンでエルニドまで約6時間の移動となります。

Tabi Joy
シークレットガーデンまでは、航空機・バスと乗り継ぎが多いので、英語力に不安がある場合や現地手配が不安な場合は、日本の旅行代理店ツアーを利用しましょう。

「スポンサードサーチ」

成田からシークレットガーデンまでの最安値交通費を算出しました

スクリーンショット 2016-05-24 11.24.05

成田からマニラ往復(24,248円)

スクリーンショット 2016-05-24 11.31.28

マニラからプエルトプリンセサ往復(8,473円)

スカイスキャナー検索)

往復のバンは交渉にもよりますが、片道500ペソ(約1,200円)ほどになります。

24,248円(往復)+8,473円(往復)+2,400円(往復)=35,121円(成田からエルニドまでの往復料金)

まとめ

フィリピンパラワン島の「シークレットガーデン」までは、約6時間半のフライト(乗り換え時間換算なし)、渡航費も最安値料金で予約することによって、往復3万円台で旅行ができます。

シークレットガーデンは、これから更に人気が出ることが予想されるため、混雑する前に渡航を計画しても良いかもしれません。

「スポンサードサーチ」

90日以内の短期海外旅行であれば、海外保険はクレジットカード付帯で対応可能

90日以内の短期海外旅行であれば、「クレジットカード付帯海外旅行保険」で対応すると旅行総費用を抑えることができます。 「クレジットカード付帯海外旅行保険」の詳しいメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

「保存版」海外旅行保険付帯クレジットカード特集「海外旅行・留学前確認」

2018.04.06


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。