「看護師の海外育児」南米アルゼンチン滞在 森田真紀子さんインタビュー

大学卒業後に都内で看護師とした勤務した私は、現在アルゼンチンで育児に専念しています。

海外で子どもを育てるきっかけとなったのが国際結婚です。

看護師として働いていた当時から、国際協力に興味があった私は、海外ボランティアに参加しました

そこで、現在の夫と知り合い、帰国後は国際遠距離恋愛を続け、現在に至ります。

私が現在住んでいる国はアルゼンチンなので、英語圏ではなく、最初は片言の会話しかできずに苦労しました。

英語は世界の共通語といわれていますが、アルゼンチン現地の一般人の英語能力は、日本人よりも劣るくらいです。

一方で、医師など教育レベルの高い人では英語が通じたので、外国で住み始めた当初は、大変役立ちました

日本で看護師免許を所有する私は、現地で医療行為を行うことはできません。こちらの国で、看護師として働くには、現地の試験にパスする必要があります。

とはいえ、看護に必要な技術は日本で習得しており、足りないのは言葉の部分のみです。

今後は、子育てがひと段落したら、現地の医療用語をしっかり勉強し、アルゼンチンで看護師免許取得を目指していきたいと思います

特に、海外で暮らしていることの語学面のメリットは、当然ですが、毎日の生活のなかでネイティブスピーカーと触れ合えることです。

将来、国際的な活動を視野に入れている方は、足がかりに語学留学するのも有効な手段だと思います。

以前、私は、英語圏の大学院留学を考えていたときに、学費が安いことから、フィリピンにマヒンドン大学を検討していた経験があります。

結果的に、現在滞在している国はアルゼンチンなので、英語圏ではありません。

しかし、一歩、歩み出せば「何か」が変わります。

もし、セブ留学を悩んでいたら、「なんとなく」でも、行動に移してみること。

それが一番大切だと思います。

海外進出へ向け頑張って下さい!!

「スポンサードサーチ」

森田真紀子さんプロフィール

2005年 看護師資格取得
2005年 消化器外科・乳腺外科にて勤務
2009年 呼吸器内科にて勤務



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。