「念書・清書・覚書・合意書・確認書の違い」行政書士が解説

行政書士の三浦です。

契約は、双方の同意があれば成立し、契約書の有無で契約内容や効力が異なることはありません。

しかし、実務的には、文面に残さなくては、「言った、言わない」の問題に発展する可能性がありますし、双方の考えを明確にするために契約書を作成する必要があるかと思われます

契約書は、弁護士や行政書士のような専門家でなくても、作成が可能です。

契約書のある程度の書式はありますが、基本的には自由です。

そのため、専門家をはさまなくても、契約内容を一番に理解している契約の当事者が、同意の基に契約書を作成することが、契約内容を明確にするためには良いでしょう。

しかし、契約内容の詳細や法的な観点からトラブルに発展する可能性があるので、契約書作成時に不明点がある場合は、双方の考えを明確に伝え専門家に契約書を作成してもらうのが最善ではないかと思われます

前置きが長くなってしまいましたが、こちらの記事では、「念書・清書・覚書・合意書・確認書の違い」をご説明していきます。

スポンサーリンク

実務上は、「念書・清書・覚書・合意書・確認書」すべてが使用されている

契約内容を明確にする際、「契約書」でなくても、「念書・清書・覚書・合意書・確認書」などでも意思の同意を証明する方法として使用されています。

また、どのような表題(念書・清書・覚書・合意書・確認書)にするかは、厳密な決まりがあるわけではありません。

念書とは

念書は、主に、すでに債務を負っている者が、その債務の履行を改めて約束する場合等に使用されます。

清書とは

清書は、「発注書」や「注文書」を受け取った際に、その注文を受けるという場合に作成する書面です。

法的には、「発注書」と「清書」がセットになり、契約の合意があったとされます。

覚書とは

覚書は、明確な使用方法があるわけではないのですが、実務上は、「すでに契約書を交わされた内容の詳細を決める」「契約の内容の一部を変更する場合」などに使用されています。

合意書・確認書とは

合意書・確認書も明確な使用方法があるわけではありません。

実務的には、「契約書に記載がなかった項目を追加する」、「契約書作成の時点で決まっていなかった項目を追加する」意味合いで使用される場合が多いです。

合意書・確認書と表題がなっていても、双方の合意が認められる書面であれば、法的には契約書と同等の効力を有します。

まとめ

念書・清書・覚書・合意書・確認書には、明確な使用方法が定まっていない部分もあります。

しかし、表題によっては、効力に相違があったり、収入印紙が必要となる場合があります。

個々の状況により異なることもあるので、不明な場合は、弁護士や行政書士等の専門家にご相談ください。

スポンサーリンク

当事務所は、書類作成専門の行政書士事務所です。

当事務所では、各種ご契約書作成代行を全国対応にて(オンラインにて全て完結いたします)、原則、ご依頼から3日以内に納品させて頂いております。

行政書士には厳しい守秘義務があり、ご依頼者様の情報を厳密に管理させていただきながら、迅速かつ正確に業務を進めさせていただきます。

契約書は、項目を原則自由に作成することができます。

そのため、当事務所では、相手方に不平等を感じさせない範囲にて、ご依頼者様が有利になるようなご契約書作成を心がけております。

トラブルの際、ご依頼者様が不利にならないご契約書を求めていらっしゃる場合には、ぜひともご依頼いただけたらと思います。

また、契約書は自由に作成することが可能ですが、契約書が公序良俗違反(社会規範に反する内容違反)等に該当する場合などは、契約書(契約)自体が無効となります。

そのため、当事務所では、法的な確認も含め実用的なご契約書作成を進めさせていただいております。

ご契約書に関して、ご不明点や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ご自宅から気軽に外貨両替ができるサービス、外貨両替ドルユーロとのコラボ企画です。

外貨購入ページの個人情報をご入力頂く画面下部に、「クーポンコード」という欄がございます。

そちらに、

tbj456

のクーポンコードをご入力頂くと、外貨を購入する際は100円引き、外貨を売却する際は受け取り頂く日本円にプラス100円となります。期間限定の本特別企画を是非、ご活用ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(書類作成・フィリピン専門行政書士)

「行政書士三浦国際事務所所長」「行政書士・総合旅行業務取扱管理者」千葉県にて、書類作成・フィリピン専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、フィリピン現地英語学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識でご依頼者様をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。下記、「website」より当事務所の書類作成専門サイトに移行致します。