公印確認&アポスティーユ取得を行政書士に依頼するメリット

行政書士の三浦です。

私が代表を務める、行政書士三浦国際事務所では、公印確認・アポスティーユ申請代行を行っております。

こちらの記事では、公印確認・アポスティーユ申請を当行政書士事務所にご依頼いただくメリットをご紹介いたします。

「スポンサードサーチ」

公印確認・アポスティーユとは

公印確認・アポスティーユとは、簡単に言えば、書面の存在を国に認めてもらうことです。

例えば、海外の大学に進学する際、日本でのこれまでの学歴(高校など)の卒業証明書を提出しなくてはならないことがあります。

その場合、卒業高校に卒業証明書を発行してもらい、そのまま進学する海外の大学に提出することはできません。

原則として、日本で発行された公文書(私文書も必要になる場合があります)を海外に提出する場合、日本の外務省認証→公印確認・アポスティーユ取得を経なくてはなりません。

どのような手順を踏むかは、提出先の指示に従う必要があるのですが、原則として、上記のような流れとなります。

当行政書士事務所にご依頼いただくメリット

公印確認・アポスティーユ取得は、もちろん、ご自身でも行うことができますが、時間と労力を必要とします。

下記、当事務所にご依頼いただくメリットをご確認いただき、ご依頼の有無をご検討くださいませ。

①平日に何度も関係役所に出向く必要がない

公印確認・アポスティーユを取得する場合、書類の内容や提出先の国により、手続きが異なりますが、一般的には、「公証人の認証」→「法務局の公証人押印証明」→「外務省認証」→「各国大使館領事認証」という流れになります。

そのため、関係役所が開いている平日に、何度も足を運ばなくてはならないことがあります。

また、各国大使館は、大変混雑しており、申請までに数時間待たなくてはならないことも多くあります。

当事務所にご依頼いただくことで、平日の貴重なお時間を無駄にしません。

②遠方にお住まいの方でも代理申請が可能

外務省・各国大使館は、東京都に集中しており、東京以外にお住まいの方は足を運ぶだけでも相当な時間と労力を必要とします

また、各国大使館は、駅から遠いことも多く、決してアクセスが良いとはいえない国(大使館)もあります。

当事務所にご依頼いただくことで、東京都での申請を迅速かつスムーズに行うことができます。

③煩雑な手続きを一任いただける

前述のとおり、公印確認・アポスティーユを取得する際、書類の内容や提出先の国により手続きの流れが異なります。

そのため、役所に出向く以前に、どのような申請手順になるのかを調べなくてはなりません。

当事務所にご依頼いただくことで、煩雑な手続きの確認を行う必要がなく、当事務所から手続きの流れや揃えていただきたい必要書類をご案内させて頂きます。

④必要書類の記入を必要最小限に抑えられる

公印確認・アポスティーユ取得に際して、様々な書類に記入いただく必要がございます。

委任状などは、ご依頼者様が必ず記入していただく必要がございますが、多くの書類は、当事務所での代筆が可能です。

一定のご協力は必要となりますが、当事務所で代筆できる部分は、代筆させて頂くことで、ご依頼者様の時間を無駄にいたしません。

「スポンサードサーチ」

まとめ

上記のように、当行政書士事務所に、公印確認・アポスティーユ取得をご依頼いただけるメリットは多くございます。

もちろん、当事務所スタッフの手数料と交通費が発生するため、費用的にはご負担が多くなる可能性もございます。

しかし、遠方の方などは旅費を考慮すると、ご依頼のメリットは大きいのではないかと思われます。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

※詳しいご案内は、下記をクリック



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。