CATEGORY 印鑑・印紙

印鑑・印紙

「ハンコ(印鑑)をなくした、盗難にあった場合の対処方法」行政書士が解説

行政書士の三浦です。 こちらの記事では、「ハンコ(印鑑)をなくした、盗難にあった場合の対処方法」をご紹介しています。 日本は、ハンコ社会と呼ばれ、ハンコにはとても大きな効力を有しています。 つまり、悪用された場合、取り返…

印鑑・印紙

「海外企業との契約」ハンコ(印鑑)とサイン(署名)の認識の違い

行政書士の三浦です。 今回は、「海外企業と日本企業のハンコ(印鑑)とサイン(署名)の認識の違い」です。 日本はハンコ(印鑑)社会 日本は、ハンコ社会と呼ばれ、ハンコに大きな効力があります。 例えば、お金を借りていないのに…

印鑑・印紙

「実印と印鑑登録証明書」行政書士が印鑑登録制度について解説

行政書士の三浦です。 こちらの記事では、印鑑登録制度と実印、印鑑登録証明書について、解説しています。 印鑑登録制度と実印 印鑑登録制度とは、住民票がある市区町村役場にハンコ(印鑑)を登録する制度です。 登録したハンコは、…

印鑑・印紙

「ハンコ(印鑑)の押し方を間違えた時の効力・修正方法」契印・割印・訂正印・捨印・止印・消印

行政書士の三浦です。 ハンコ(印鑑)を押し間違えてしまった際、契約書等の書面の効力はどうなるのでしょうか。 結論から言いますと、効力は変わりません。 詳しく説明していきます。 押印の一部が欠けている、かすれている、逆にな…

印鑑・印紙

「ハンコ(印鑑)の押し方一覧」契印・割印・訂正印・捨印・止印・消印

行政書士の三浦です。 ハンコ(印鑑)には、押し方によって、それぞれ効力が異なってきます。 実印や認印など、印鑑自体によって役割が異なるだけでなく、その押し方によって意味合いが異なるのです。 それぞれのハンコ(印鑑)の役割…