ベルギーブリュッセルの人気チョコレート店7選

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

ベルギーは、GODIVAやピエール・マルコリーニなど、チョコレートが有名な国です。

その他にも、ベルギーには多くのチョコレートブランドがあり、加えて、どちらのお店でもチョコレートを試食することができるため味を比べながらショッピングを楽しむことができます(高級店は試食が少ない印象でした)。

店構えから少し敷居が高い感じがしてしまう部分もありますが、店内はどちらのブランドもアットホームな雰囲気なので、ベルギーを訪れた際には是非ご紹介のチョコレート店を周ってみてはいかがでしょうか。

「スポンサードサーチ」

1.Leonidas(レオニダス)

添加物を一切使わず、素材にこだわっているにも関わらずリーズナブルなお値段で提供しています。

Leonidas(レオニダス)はベルギーの店舗では、試食がたくさんある印象でした。ギャルリー・サンチュベール (Galeries St-Hubert)内(歴史的なアーケード街)、ブリュッセル市内に数店舗あります。

個人的なLeonidas(レオニダス)のおすすめはオランジェット。オレンジの酸味とチョコの甘みが絶妙の一品です。

2.DARCIS  (ダルシー)

JEAN-PHILIPPE DARCIS「ジャン=フィリップ・ダルシー」は、1971年生まれ。25歳の時に自身の名前を掲げて始めた比較的新しいチョコレートブランドです

全行程が職人の手作業によるきめ細かさと、斬新なアイデアを取り入れた新しいベルギーチョコレートの創造が特徴です。

甘さ控えめで大人の味のチョコレートが多数用意されています。

グランプラス近郊店には日本語を話せるスタッフ、日本人の店員さんがいましたので、日本語で注文OKです。

JEAN-PHILIPPE DARCISは日本に店舗はありませんが、日本からでも通販で購入することが可能です。

「スポンサードサーチ」

3.Le comptoir de Mathilde(ル・コントワール・ドゥ・マティルド)

店内がとてもおしゃれ。個人的にはお気に入りのお店です。

スプーンがささったチョコレートや、ハンマーで割って食べるチョコレートなどユニークな商品を多数販売しています。パン用のチョコレートクリームは種類が豊富なので飽きのこないチョコレート店だと言えます!もちろん試食も用意されていました!

4.Neuhaus   (ノイハウス)

当時は薬として珍重されていたチョコレートを扱う「薬局」として、スイス人の薬剤師ジャン・ノイハウスによって誕生しました。

ベルギーでプラリネ(ナッツやクリームなどを入れたチョコレート)を最初に作ったのがこのノイハウスと言われています。ここは残念ながら、試食がありませんでした。

「スポンサードサーチ」

5.GODIVA  (ゴディバ)

GODIVAも世界一きれいな広場グランプラスの中にあります。こちらの店舗では、イチゴのチョコディップを楽しむことができました(有料)。しかし、残念ながら無料の試食はありませんでした。

6.Galler (ガレー)

グランプラスから徒歩1分、DARCISの近くにあるお店。ミニバー(チョコバー)が有名なお店です。

創業者のジャン・ガレーは1991年にブリュッセル食品コンクールのチョコバー部門で金賞を受賞し、その後数々のコンクールで各賞の受賞を重ねた職人です。

ここでは白いトリュフチョコレートの試食を頂いたのですが、まさに口の中で溶ける美味しさでした。

「スポンサードサーチ」

7.Pierre Marcolini  (ピエール・マルコリーニ)

創業者はベルギー出身のピエール・マルコリーニ。少し小さめのサイズで、砂糖やミルクを控えたほろ苦い味わいが特徴のチョコレートブランドです。

いかがでしたでしょうか。

高級店では試食はあまり多くありませんでしたが、基本的にベルギーのチョコレート店では試食を楽しむことができます。

今回ご紹介しましたチョコレート店はすべてグランプラス周辺やグランプラスから歩いて5分ほどのギャルリー・サンチュベールという商店街の中にあるので、観光しながら試食を楽しんでみてください!

航空券は往復5万円台から

成田からブリュッセルの最安値を検索してみたところ、往復で5万円台の航空券もありました。(時期やタイミングによって航空券費用は異なります)

こちらの航空券は乗り換えるので、体力的には少し大変ですが、往復5万円台でブリュッセルに行けるなら、ブリュッセル旅行のハードルがぐっとさがりそうですね。スカイスキャナー 調べ

90日以内の短期海外旅行であれば、海外保険はクレジットカード付帯で対応可能

90日以内の短期海外旅行であれば、「クレジットカード付帯海外旅行保険」で対応すると旅行総費用を抑えることができます。 「クレジットカード付帯海外旅行保険」の詳しいメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

「保存版」海外旅行保険付帯クレジットカード特集「海外旅行・留学前確認」

2018.04.06

ベルギー・グランプラスは、「世界一美しい広場」と言われています。グランプラス近くには、多数のチョコレート店が並んでいます。

グランプラス付近にはムール貝を提供しているレストランが多いです!安くて美味しいのでおすすめですが、値段交渉すれば更に安くしてくれることが多いので必ず値段交渉は行ったほうが良いと思います。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士・総合旅行業務取扱管理者)

「行政書士三浦国際事務所所長」千葉県にて外国人関係専門の行政書士事務所を経営しております。これまで、オーストラリア・フィリピンへの留学、海外語学学校勤務、世界5大陸30ヶ国100都市以上への渡航を経験し、豊富な海外経験と法知識で外国人の方をサポートさせて頂いております。外国人関係の専門家として、船井総合研究所等のコンサルティング会社からのご依頼のもと、執筆活動にも力を入れております。趣味はサッカー(千葉県リーグ所属)。家庭では1児の父として奮闘しています。