「随時更新」世界40ヵ国渡航経験で本当にお勧めしたい観光地9選 世界遺産・人気海外旅行先

私はこれまで約40ヵ国を訪れ、様々な国や地域に訪れてきました。現在はインターネットで簡単に現地情報を調べることができますし、情報誌もあり、実際に足を運ばなくても海外旅行気分を味わえる時代だと思います。

グーグルマップを利用すれば、本当に現地に訪れた気分にさえなります。私は、今後行ってみたなぁと考えている国や地域は、グーグルマップで擬似海外旅行を楽しんでいます!

しかし、私個人の意見としては擬似海外旅行と実際に現地に足を踏み入れることは、当たり前ですが雲泥の差があると思います

「実際に足を運んだほうが絶対いい!」と声を大にしてお伝えしたいのですが、現実にはお仕事や家事などの中で、海外旅行へ出発することは容易ではないと思います。

人生の中で海外旅行に出かけられるタイミングは、限られていると思います。限られているからこそ失敗したくないのですが、実際には世界遺産でも有名な観光地でも、実際に訪れてみるとガッカリしてしまうことも少なくありません

私も何度もガッカリを経験しました。お金も時間も費やして、そうでもなかった時のあの感覚は言葉では言い表すことができない衝撃があります!

そこで、海外旅行でガッカリをしてしまわないように、私が実際に訪れた国や地域で自信を持ってお勧めしたい観光地をご紹介したいと思います。

個人的には観光地の評価というのは甲乙つけがたいと感じているので、ランキング形式ではありません!

それではどうぞ!!

ウユニ塩湖(ボリビア)

鏡張りで写真を撮るためには、波を立てないようにじっと待ち、風が止むのを待つ必要があります!

ウユニ塩湖は最近ではCMなどに使用されることも多くなったので、知名度は高い場所だと思います。しかし、ウユニ塩湖は南米ボリビアに位置しており、決してアクセスが良いとは言えません!

日本からのアクセスは時間がかかるだけでなく、移動費もかかるためある程度のまとまったお休みが必要になると思います。私は格安航空券でボリビアへ向かったため、アメリカを経由し、乗り換えなどを含めて到着まで丸2日かかりました!

格安航空券だったためトランジット時間が長く、空港の床で寝たので、体力的に大変だった記憶があります。

また、4WD車でウユニ塩湖まで向かうのですが、舗装されていない道を数時間走るので、また体力を削られます

途中で休憩があるのですが、トイレが有料だったり、休憩回数自体が少なかったりと苦労することも多いです。

観光自体も体力を使うウユニ塩湖観光は、日本から出発する場合1週間ほどの期間が必要になります。

しかし、長い移動時間や高額な移動費を支払ってでも、人生で一度は訪れたい場所であることは間違いありません。

ウユニ塩湖の鏡張りは自然が作り出しているものなので、綺麗に見ることができない日も多くあります。鏡張りの時期が12月〜3月頃と限られていることに加え、鏡張りが見える日もまちまちなので、本当に貴重性がある景色だと言えます。

観光客の中には2〜3日連続でウユニ塩湖ツアーに参加する人も多くいます。鏡張りが綺麗に見えるかは運による部分も多いので、時間に余裕を持って渡航して頂きたい場所です。

移動時間や費用、タイミングを考えると、まさに人生で一回行けるかどうかという場所だと思います

マチュピチュ(ペルー)

マチュピチュ横のワイナピチュからマチュピチュを見下ろすことができます!

マチュピチュはペルーにある世界遺産で、テレビなどでも大きく取り上げられているのでご存知の方も多いと思います!

マチュピチュはしっかりと観光地化されていて、トイレも入り口付近にしかなく環境保護対策をしっかり行っているため、とても綺麗でゴミひとつ落ちていません。

また、遺跡などに腰をかけていると注意してくる警備員さんも配置されており、マチュピチュ内はしっかりとした規律が守られています。

マチュピチュに足を踏み入れた時の景色は今でも鮮明に焼き付いています!加えて、神聖というか澄んでいるというかマチュピチュ独特な空気が流れていることも特徴です

マチュピチュは山中にあるので、空気が美味しいことは当たり前かもしれませんが、山登りとはまた違う厳格な雰囲気があります。

私は富士山に登ったことがあるのですが、7時間かけて登った富士山より、バスで直行したマチュピチュのほうが感動は大きかったです

これは個人にもよると思うのですが、言葉では言い表せない素晴らしさがマチュピチュにはあります。グーグルマップではマチュピチュ内にも入ることができますが、映像で見るのと実際に訪れたギャップを最も感じることができる場所と言っても過言ではないと個人的には感じています!

ブルーラグーン(アイスランド)

施設内はこんな感じです!とても綺麗です!

ブルーラグーンへの入り口です!競泳用50mプール4個分の広大な温泉施設です!

ブルーラグーンはアイスランドにある人工の温泉施設です!ブルーラグーンはしっかりとした建物があり、館内では軽食も取ることができるため、スパのような場所なので、上記2つとは毛色が違う場所ではあります。

ブルーラグーンもテレビなどで取り上げられることが多くなったので、こちらもご存知の方が多いと思います。

個人的にはアイスランドは是非とも訪れて欲しい国のひとつです。物価がものすごく高く、食材などは、日本の3倍くらいなため、正直長期滞在には向きません。

しかし、観光業に力を入れているアイスランドではホテルの料金は物価と比べて割安で宿泊することができます

また、アイスランドの国民食であるホットドックは、お店が多いだけでなく、割安で食べることができるので、アイスランド滞在時は本当にお世話になりました。

アイスランドは平和指数が世界一なので、安心して旅行を楽しめるメリットがあります。体感的にも親切な人が多いですし、海外旅行特有の嫌な思いをした記憶がありません。

加えて、アイスランドではオーロラも見ることができるので、安全性や観光地の多さなど、観光地としてポイントが高い国なのです。

私はアイスランド滞在時になんとかオーロラを見たくてツアーに参加したのですが、何日間も見ることができず、諦めかけた最終日の夜にホテル近くの海辺で見ることができました!

とにかく寒かった記憶がありますが、その景色は今でも鮮明に残っています!アイスランド旅行は日本からのツアーに参加すると高額になってしまうため、すべて個人手配で行うと良いと思います

アイスランドでは、公用語はアイスランド語ですが、英語も幼少期から学んでいるため、ほとんどの人が英語を理解できるため、語学面においても旅行がしやすい国です。

サグラダファミリア(スペイン)

まるでRPGの世界の中に入り込んだような感覚になれます!

私は自然遺産が好きなので、サグラダファミリアのような建造物はそれほど興味がありませんでした。

しかし、スペインを訪れた際には押さえておきたい観光地であることは間違いないと思い、あまり期待せずにサグラダファミリアを訪れた記憶があります。

しかし、サグラダファミリアを実際に訪れてみて180度考えが変わりました!圧倒的な存在感に煌びやかなデザイン!私は建築やデザインのことは全く知識がないですが、大感動しました

壮大な世界観で建造されているサグラダファミリアは、一見の価値どころか何度でも訪れたい場所だと思います。

サグラダファミリアは未だに完成しておらず(2026年完成予定)、この歴史的な建造物の完成前を味わうことができるのは後10年ほどなのです。

私も、完成後にはまたバルセロナには訪れたいと思っています。

サグラダファミリアはバルセロナの街中にあるので、アクセスもしやすく、グエル公園を始め様々な観光地に歩いて行くことができるため、バルセロナ全体でお勧め観光地です

イグアスの滝(アルゼンチン)

圧倒的な滝の迫力に加えて、足場が木造?のような感じでかなり怖いです!

イグアスの滝はブラジルとアルゼンチンをまたぐ、世界三大瀑布のひとつです。イグアスの滝はブラジル側からとアルゼンチン側から楽しむことができるので、訪れる際には時間に余裕を持って行くと良いと思います。私は時間がなくアルゼンチン側のみ訪れました!

イグアスの滝の感想としては、「迫力が半端ない!」というものです。イグアスの滝も観光地化されているため、軽食を食べる場所や移動するためのトレインなどがあり、快適に観光を楽しむことができます(トレインの待ち時間は長いです)。

イグアスの滝ではいくつかの見どころスポットが分かれているのですが、場所によっては、川の上に設けられた桟橋を歩いて目指す場所もあります。

そして、この桟橋が怖い!桟橋の下には隆々と流れる川があり、落ちたらと思うと少し不安になります。

そして、滝のメインである場所に着くとその迫力と足場の不安さ、人の多さで本気の恐怖を感じます!お勧めしているのかわからなくなってきましたが、とにかく迫力がとんでもなく、謎の高揚感を感じることができます!

もしかしたら高所恐怖症の場合は、ただ怖いだけかのスポットかもしれませんが、個人的にはかなりお勧めのスポットです!

グランプラス(ベルギー)

夜に行くと最高です!

グランプラスは「世界一美しい広場」と呼ばれている場所です。この文言を聞くとものすごい場所のような気がしますが、実際は美しいのはもちろんですが世界一と呼べるかは疑問です。

しかし、グランプラス周辺には多くのスイーツやワッフルのお店があり、基本的にどのお店でも試食ができるため、甘いもの好きにはたまらない場所だと思います

また、個人的にはムール貝がお勧めです!物価の割には比較的安く食べることができるので、一度はトライする価値があると思います。

しかし、食べる際にはしっかりと値段を交渉してからにしましょう!多くのお店では観光料金設定で提供しているため、「値切ってくれないと他のお店にする」と伝えれば比較的簡単に値下げしてくれます。

グランプラスは2016年テロの標的にされてしまったため、渡航する際には十分注意しましょう。

ナスカ(ペルー)

ナスカは未だに「なぜ作られたのか」「どのような理由で作られたのか」が不明で謎が多い場所でもあります!

格闘家の須藤元気選手の背中に彫られているタトゥーを見てから、死ぬまでには絶対に行こう!と考えていた場所です。

ペルーは日本からのアクセスがあまり良くないので、費用も移動も負担が大きいですが、本当に行ってよかったと思える場所のひとつです!

ナスカの地上絵を見るためには、「セスナに搭乗」するか「3階立てくらいの鉄塔に登ってみる」方法があります。私は両方行ってみたのですが、どちらも良し悪しがあります。

まずセスナですが、とにかく酔います!普段は基本的には酔わないのですが、人生で一番きつかった思い出があります。というのも、ナスカの地上絵をよく観察できるように、ひとつひとつ丁寧に旋回してくれます。

この旋回が良くなかったみたいです。私がセスナに乗った時は全員で4人のツアー客で搭乗したのですが、私も含め2人がダウンという感じでした。

正直なところ酔いすぎで、ゆっくり見ることはできなかったのですが、念願の場所ということで行ってよかった観光地だと思っています

ペルーでは酔い止めにコカの葉を噛む習慣があるのですが、コカの葉はコカインの原料なので、私は抵抗があり利用しませんでした!

もうひとつの3階立てくらいの鉄塔に登る方法ですが、3階くらいの高さではナスカの地上絵は楽しめません。まったくわからないのです。ナスカの地上絵は上空から確認して、認識できるものなので当たり前といえば当たり前なのですが。

このようにどちらの方法でも一長一短があるのですが、私がアドバイスできるとしたら、ナスカ観光には酔い止め対策と体調を整えてセスナを利用するのがやはりベストだと思います!

バガン(ミャンマー)

バガンは寺院や仏教遺跡が点在している場所です。

個人的にはバガンに限らず、ミャンマーは大好きな国です。人がとにかく優しくて治安も良く、住んでも良いかなくらいに感じました。

ミャンマー料理は日本人の舌に合う料理が多いので、食事にも困りませんし、物価も安いため滞在もしやすいです

また、ミャンマーでは他の国のように「お金をぼったくる」という認識が低く、初めての海外の方や女性だけでも安心して渡航できる国です。

バガンは世界三大仏教遺跡のひとつで、3000を超える仏塔が点在しています。そのほどんどが11世紀~13世紀に建てられたもので、とても歴史的価値が高い場所です。

バガンを周る方法としては、値段が高い順にタクシーチャーターやEバイクレンタル、自転車レンタルになります。私はEバイクレンタルをして、爽快に駆け回りました(しかし、途中でタイヤがパンクして危ないところでした)。

バガンはアジアが好きな人でしたら絶対に気に入る場所だと思います。Eバイクで走っている間に現地の人々の生活を見ることもできますし、現地の食事も楽しむことができる観光地としてクオリティが高いと思います

サッカー観戦(ドイツ)

日本代表武藤選手です。気さくに対応してくれました!

同じく日本代表山口選手です。ドイツのハノーファー在籍中の一枚です。

私は学生時代サッカー部で今でも月1くらいですが、サッカーやフットサルを楽しんでいます。

スペインでもバルセロナ戦を観戦しましたが、お勧めしたのはドイツです!それは、最近は日本人選手が多くドイツに渡っているので、選手に会いやすいということです。

もちろんサッカーを観戦すれば、選手を近くで見ることができますが、サインをもらったり握手をしてもらったりするのは容易ではないと思います。

しかし!ドイツでは地元に根付いたクラブが多く、練習場所に訪れればテレビで見ている有名選手と普通に交流ができます!

サッカー好きに方は是非ドイツクラブの練習場所に遊びに行ってみてください!

まとめ

信憑性がないご紹介はしたくないので、私が訪れた場所で個人的に良いなぁと感じた観光地のみ記載しています。

徐々に項目を増やしていくので、気が向いたら定期的にご覧頂けたら嬉しいです!

旅行代理店 旅行ツアー予約

会社名特徴
JTBJTBの強みはクオリティーの高さです。料金自体は他の会社より高額になる傾向があるのですが、費用よりも旅のクオリティを求め、顧客満足度が非常に高いのが特長です。
また、日本の旅行業界を牛耳っていると言っても過言ではなく、大小関わらずどの旅行会社もJTBとのつながりがあることが多いです。
HISHISの特徴は旅行費用が安い事と、大手企業なので安心感があることです。
世界各国に支店があり、最近ではアフリカにも支店があります。
社員旅行やビジネスの手配に定評があるので、個人利用よりもビジネス利用時に重宝します。
楽天トラベル楽天トラベルの特長は宿泊予約をすると、楽天のショッピングに使える「スーパーポイント」が貯まる点にあります。1ポイント1円で換算して、宿泊料金の1%が貯まるシステムなので、普段から楽天ポイントを貯めている場合に利用価値があります。
DeNAトラベルDeNAトラベルは以前、「スカイゲート」として運営していました。
特に、海外航空券の予約に力を入れており、 オンライン専門なので非常に使い勝手が良いサイトです。定期的に行っているキャンペーン時は利用価値ありです。
日本旅行日本旅行は日本で初めての旅行会社として知られており、その歴史は100年以上を誇ります。長年の経験に基づいたきめ細やかな配慮が特徴の旅行会社です。
クラブツーリズムクラブツーリズムは国内のバス旅行などで非常に人気がある旅行会社です。ご年配の方でも安心して参加できる、低価格・短期間のツアーが特徴になります。国内旅行のイメージが強いですが、海外旅行も幅広く扱っています。

個人手配サイト(私が世界一周中に利用していたサイトです)

サイト名説明
トリップアドバイザー「事前調査」世界中の旅行先の口コミを確認するために利用しています。
スカイスキャナー「航空券予約」ネット上の情報を拾って最安値航空券を検索してくれる優秀サイトです。
booking.com「ホテル予約」最安値保障があるので、もし予約後に別サイトでさらに安い料金があった場合でも安心です。
トリバゴ「ホテル予約」スカイスキャナー同様に、ネット上の情報を拾って最安値ホテルを検索してくれます。


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。


JK INTERNATIONAL LANGUAGE

CENTER INC.

英語能力と仕事の両方が手に入る世界中の留学生の夢を実現した世界でも例のない語学学校です。シスターカンパニーのJ-P Network English Corp.はオンライン英会話レッスンのBPO企業ですので、優秀な講師が数百名単位で在籍しており、その中から選りすぐった優秀な講師達がワンオンワンにて留学生のレッスンを担当いたします。

Tabi Joy
TOEICコースで200点UPを実現!フィリピン人気語学学校!


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表。Tabi Joy運営者。大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。これまで約40ヶ国へ渡航。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者」