格安予防接種!タイのバンコクで世界一周の準備をしよう!「海外旅行・世界一周前に確認」

バックパッカーの中では主流になっている、タイ(バンコク)で予防接種についてご紹介したいと思います。

タイで予防接種を受けるメリットとしては格段に費用が安いということです。日本の3分の1~5分の1ほどの料金で予防接種を受けることが可能なのです

タイで予防接種を受けることができる病院Queen Saovabha Memorial Institute地図

病院名 Queen Saovabha Memorial Institute


入り口周辺(周辺を見渡せます)

【住所】1871 Thanon Rama IV、Thung Maha Mek, Sathon、Bangkok 10330、タイ

【電話番号】+66 2 252 0161

【ホームページ】Queen Saovabha Memorial Institute

世界一周する場合に受ける必要がある主な予防接種

黄熱病(必ず接種してください)

黄熱は蚊によって媒介されるウイルス性の感染症で、致死率は5~10%ですが、流行時や免疫をもたない渡航者などでは、60%以上に達するという報告もあります。アフリカや南米の熱帯地域に渡航する人におすすめするワクチンです。黄熱予防接種証明書を入国時に要求する国や、乗り継ぎの時に要求する国もありますので、検疫所で確認して下さい。黄熱予防接種証明書は接種後10日目から10年間有効です。

A型肝炎(必ず接種してください)

A型肝炎は食べ物から感染する病気で、アジア、アフリカ、中南米に広く存在します。発症すると倦怠感が強くなり、重症になると1か月以上の入院が必要となる場合があります。途上国に中・長期(1か月以上)滞在する人におすすめするワクチンです。特に60歳以下の人は抗体保有率が低いため、接種をおすすめします。
ワクチンは2~4週間隔で2回接種します。6か月以上滞在するのであれば6か月目にもう1回接種すると約5年間効果が続くとされています。

狂犬病

狂犬病は、発病すればほぼ100%が死亡する病気です。海外では、オセアニアなど一部を除きイヌだけでなくキツネ、アライグマ、コウモリなどの動物に咬まれることによって感染する危険性が高く、長期滞在、研究者など動物と直接接触し感染の機会の多い場合や、奥地・秘境などへの渡航ですぐに医療機関にかかることができない人におすすめするワクチンです。
ワクチンは4週間隔で2回接種し、さらに6か月から12か月後に3回目を接種します。3回のワクチン接種後、6か月以内に咬まれた場合には0日(咬まれた日)、3日の2回の接種が必要です。また、6か月経過後に咬まれた場合には0日、3日、7日、14日、30日、90日の6回のワクチン接種が必要です。

日本脳炎

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスを保有する蚊に刺されることによって起こる重篤な急性脳炎で、死亡率が高く、後遺症を残すことも多い病気です。
流行地(東アジア、南アジア、東南アジア)へ行く人におすすめするワクチンです。ワクチンは1~4週間間隔で2回接種し、1年後追加接種を1回します(基礎免疫が完了)。基礎免疫の完了後は、1回の接種で4~5年間有効な免疫がつきます。

破傷風

破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在し、日本でも毎年患者が発生しています。破傷風は傷口から感染するので、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い人におすすめするワクチンです。特に、途上国では、けがをしやすく、命に関わることもあるので、接種を検討してください。
破傷風ワクチンは1968年(昭和43年)から始まった3種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日せき)に含まれていますので、定期予防接種で破傷風・ジフテリアワクチンを12歳の時に受けていれば、20代前半位までは免疫がありますので、接種は不要です。その後は、1回の追加接種で10年間有効な免疫がつきます。

 FORTH|厚生労働省検疫所より引用

Queen Saovabha Memorial Instituteでの予防接種

スネークファームと呼ばれている

旅人の間ではQueen Saovabha Memorial Institute病院のことを通称スネークファームと呼んでいますが、同じ敷地内にスネークファームがあるだけで、病院とは関係ないんです。現地の人に道を聞く際は注意してください。

1日に4本まで打てる

1日で一気に4本まで予防接種することができます。左に2本、右に2本打ちます。一方、日本では黄熱病を接種した後は、期間をある程度あけなくては次の予防接種を打つことができません。

1日で多くの予防接種を受けることができるのはありがたいです。

値段は5種類受けても1万円ほど

タイでは「狂犬病」「日本脳炎」「黄熱」「A型肝炎」「破傷風」すべて接種しても1万数千円で済みます。日本で接種する料金と比べると格段に安いです。

日本の料金目安

rr

日本脳炎は1回完結のものと、2回完結のものがある

日本脳炎の予防接種は2種類用意されているので、日本脳炎を摂取する場合は1回完結を選ぶと、もう1度行く手間が省けて時間効率的に良いかと思います。

フランス社製のワクチンを使っている

ワクチンはすべてフランスのサノフィパスツール社製のワクチンを使用しています。サノフィパスツールとは世界最大級の人用ワクチン専門企業のことです。サノフィパスツールホームページ

まとめ

旅人のみなさんが言っているように、確かにQueen Saovabha Memorial Instituteでは相当安く済ませることができます。

同時に何本も予防接種して大丈夫なのか?という問いは様々な議論があったようですが、問題ないという結論に至っているようです。日本小児科学会の予防接種の同時接種に対する考え方

もちろん、医療のことなので100%安全とは言い切れませんが、安全性は高いようです。タイに渡航する場合にはとてもお勧めの予防接種方法だと言えます。旅程の中にタイ渡航を組み込めるかを日程と航空券費用から算出してみてはいかがでしょうか。 

「保存版」世界一周前に要確認!世界一周に必要な準備13のこと

2017.02.09

 



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。


JK INTERNATIONAL LANGUAGE

CENTER INC.

英語能力と仕事の両方が手に入る世界中の留学生の夢を実現した世界でも例のない語学学校です。シスターカンパニーのJ-P Network English Corp.はオンライン英会話レッスンのBPO企業ですので、優秀な講師が数百名単位で在籍しており、その中から選りすぐった優秀な講師達がワンオンワンにて留学生のレッスンを担当いたします。

Tabi Joy
TOEICコースで200点UPを実現!フィリピン人気語学学校!


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表(業務内容:フィリピン留学エージェント・メディア運営・旅行留学コンサルタント)。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者」大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。これまで約40ヶ国へ渡航。