旅行業務取扱管理者が休みの場合でも、お客様と旅行契約を締結することができるのか?

旅行・留学業専門行政書士の三浦です。

今回、ご質問頂いたのは、

旅行業務取扱管理者が休みの場合でも、お客様と旅行契約を締結することができるのか?です。

旅行会社は各店舗に国家資格である「旅行業務取扱管理者」取得者を選任する義務があり、この選任を怠ると旅行業法違反となります。(海外旅行を取り扱う場合は総合旅行業務取扱管理者、国内旅行を取り扱う場合は国内旅行業務取扱管理者の選任が必要です)

しかし、例えば3人の小さな旅行会社の場合で、「旅行業務取扱管理者」取得者が一人の場合、その取得者がお休みなどで営業所にて不在のなることもあると思います。

その際に旅行契約を締結することができるのか?ということです。

回答

 

こちらは問題なく旅行契約を締結することができます。

「旅行業務取扱管理者」の任務はその営業所での管理・監督になり、必ずしも営業時間に出勤している必要はありません。

注意点としては、「取引条件」などは旅行契約者からの要求があれば「旅行業務取扱管理者」が説明しなければならないので、実務的には支障が出ることもあります。

ご自身の責任のもと適法性・有用性を考慮してください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせ・ご相談契約書作成のご依頼誓約書作成のご依頼示談書作成のご依頼離婚協議書作成のご依頼就業規則作成のご依頼内容証明作成のご依頼その他書類作成のご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。