「ハンコ(印鑑)の押し方を間違えた時の効力・修正方法」契印・割印・訂正印・捨印・止印・消印

行政書士の三浦です。

ハンコ(印鑑)を押し間違えてしまった際、契約書等の書面の効力はどうなるのでしょうか。

結論から言いますと、効力は変わりません。

詳しく説明していきます。

押印の一部が欠けている、かすれている、逆になっている場合等

ハンコを押す際、意思を表示するのですから、十分な検討が必要になります。

しかし、ハンコを押すこと自体は検討するものの、「ハンコがうまく押せるかな」と考える人は少ないと思います。

そのため、押印の一部が欠けている、かすれている、逆になっているなど、押印が不恰好になってしまうこともあるでしょう。

その際でも、見た目は不恰好ですが、ハンコの効力や契約書等の効力に相違はありません。

押印をする意味は、合意があったことなどを証明することにあり、ハンコ自体の状態は問われません。

つまり、「ハンコを押した」という事実のみが重要なのです。

しかし、ハンコが判別できないほどの、押印の状態であれば、今後のトラブル予防のために書き直すことを検討する必要があります。

前述の通り、押印は合意の証拠になります。

その証拠が、どのハンコか判別がつかないということになれば、どのようなトラブルに発展するのか想像に難しくないと思います。

二重線で押し直すことも可能

通常の場合

書面を書き直すことが最善かと思われますが、二重線でハンコを訂正することも可能です。

文字の場合と同じく、二重線を引いた後、近くに正しくハンコを押します。

ハンコ自体を間違えた場合

例えば、実印を押す必要がある場合に、認印を押してしまった時などです。

上記の場合は、認印で修正印を押し、近くに正しい実印を押します。

認印で修正印を押すことで、権限ある人に修正されたことの証明になります。

「ハンコ(印鑑)の種類一覧」個人印・会社印

2018.03.17

まとめ

上記の修正方法は、あくまで一例です。

押印を修正する方法は、会社により異なることもあり、慣習に従ってください。

しかし、ハンコの種類や押し方により、大きなトラブルに発展することも実例としてあるので、不明点があれば、弁護士や行政書士に相談してください。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

普段は、行政書士として、旅行会社設立やパスポート申請代行、入管(留学や在留)を扱っており、旅行・留学業の専門家として活動しています。行政書士とは、許認可申請や法務書類を作成する国家資格です。Tabi Joyでは、世界5大陸約30ヶ国100都市以上へのバックパッカー経験を基に、旅行を楽しく安全に過ごすための情報を掲載できるよう努めています。