「署名と記名の違いについて」行政書士が解説

行政書士の三浦です。

今回は、「署名と記名の違いについて」です。

署名とは

署名とは、手書きでご自身の氏名を書くことです。

署名押印とは

手書きでご自身の氏名を書き、その横にハンコを押すことです。

記名とは

印刷やゴム印等でご自身の氏名を記載することです。

記名押印とは

印刷やゴム印等でご自身の氏名を記載し、その横にハンコを押すことです。

署名と記名の違いについて

署名と記名は、原則的に効力の違いはありません。

そのため、契約書などの書面に署名があっても、記名があっても効力は変わらないのです。

しかし、注意点があります。

トラブルになった際には、署名押印のほうが優れている点です。

署名は、ご自身が書かなくてはなりません。筆跡は個々によって異なり、「本人が同意した」ということを証明しやすいのです。

一方、記名の場合は、印刷やゴム印でご自身の名前を記載することです。つまり、悪意の第三者が不正のゴム印等を作成した場合、容易に記名を行うことができるのです。

そのため、大事な契約の際などは、必ず署名押印によることをお勧めします。

まとめ

契約書などは、あくまでトラブルを避けるための書面です。

契約書がなくても、契約自体は双方の同意があれば、成立します。

しかし、口約束のみでは、「言った、言ってない」のトラブルに発展しやすくなります。

また、契約書を交わしたとしても、必要な要件や形式を守られていない場合、契約書が無効もしくはご自身が予想していない状態での契約になってしまうことがあります。

契約書に決まった書式はないため、逆にトラブルが発生しやすい状況にあると言えます。

契約書等、書面での不明点がある場合は、弁護士や行政書士にご相談ください。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

普段は、行政書士として、旅行会社設立やパスポート申請代行、入管(留学や在留)を扱っており、旅行・留学業の専門家として活動しています。行政書士とは、許認可申請や法務書類を作成する国家資格です。Tabi Joyでは、世界5大陸約30ヶ国100都市以上へのバックパッカー経験を基に、旅行を楽しく安全に過ごすための情報を掲載できるよう努めています。