「フィリピン留学・旅行前の13のチェック項目」フィリピン基本情報

旅行・留学業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

フィリピンは日本から5時間程度で渡航することができ、また、直行便が運行されているため、週末などでも気軽に渡航できる国ひとつです。

留学や旅行、ビジネス面でも注目度が急上昇しているフィリピンの基本情報を一覧でまとめました。

正式国名

フィリピン共和国 Republic of the Philippines

首都

メトロ・マニラ Metro Manila

面積

約299,404k㎡

人口

約8947万人

言語

公用語はフィリピノ語(タガログ語)。英語の通用度はアジアで最も高く、ホテルや観光名所では問題なく通じます。

宗教

約80%がカトリック系キリスト教徒。その他のキリスト教が約10%,イスラム教徒が5%。

時差

日本との時差は-1時間。日本が午前12時のときフィリピンは午前11時。

通貨

ペソ(Peso)。2016年3月現在1ペソ=2.7円。最新情報ヤフーファイナンスレート検索

「最新版」現在フィリピンの旧通貨は使用不可!?通貨の基本情報と注意点・フィリピン留学前に要チェック!

2018.03.09

両替

空港、ホテル、銀行で両替が可能。日本円やUSドルも可能。両替時の領収書は再両替の再の必要になる他、両替の証明になるので、保管が必要。ホテルやレストラン、観光地ではクレジットカードの使用ができるが、地方や小規模な店は使用できないことが多い。クレジットカードはMasterやAmexに比べて、VISAが使用できることが多い。

「日本円からフィリピンペソへの両替方法と注意点」フィリピン留学・旅行前に要チェック

2018.03.08

チップ

タクシーやレストランでは10%ほどのチップが必要と言われているが、アメリカのように必須ではない。サービスが良いと感じたら、気持ち程度でOK。

「最新版」フィリピンのチップ事情!フィリピン留学・旅行前に要チェック

2018.03.13

電圧

220ボルト、60ヘルツ。日本から持参した電化製品を使用する場合には、変圧プラグ、変圧器の両方が必要。

「最新版」フィリピンの電気・電圧・コンセント事情!フィリピン留学・旅行前にチェック

2018.03.03

飲料水

フィリピンでは水道水を飲み水に使用することは不可。必ずミネラルウォーターの購入が必要。

「フィリピン留学・旅行時の食事や水の注意点」飲料水・フルーツ・露店

2018.03.09

祝祭日

フィリピン留学前に知っておきたいフィリピンの祝日・記念日

2018.03.03
Tabi Joy
それぞれの詳しい内容は関連記事をご覧ください!


最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。



ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎(行政書士)

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。