【学生の方必見】総合旅行業務取扱管理者の3つの魅力!!

こんにちは!Tabi Joy運営者の三浦です。

今回は旅行関係の国家資格、旅行業務取扱管理者の魅力を紹介したいと思います。

この資格を持っていてよかったな~と感じるメリットをお伝えできればと思っています。これから旅行関係の仕事に就きたいと考えている方は参考にしてみてくださいね。

Tabi Joy
旅行業務取扱管理者資格は総合旅行業務取扱管理者国内旅行業務取扱管理者の2種類があります。合格率は総合は13%(4科目受験)、国内は30%ほどです

01 旅行業界の国家資格がこれしかない

geralt / Pixabay

様々なサイトを見ると旅行業務取扱管理者資格は「意味がない」や「簡単」という記事が多いような気がするんですが、個人的にはそんなことはまったくないと思っています。

というのも、旅行業務取扱管理者資格は旅行関係では唯一の国家資格なので、資格取得のメリットは大きくあります。あとは、合格率を見るとカンタンな資格ではないので、一応難関「国家資格」にギリはいるんじゃないかと思っています(信じています)。

02 自分の旅行会社を設立することができる

geralt / Pixabay

旅行業務取扱管理者資格を取得すると自分の旅行会社を作ることができるんですね。

最初にちょっと難しい供託金など、まとまったお金は必要にはなりますが、旅行会社を作れるなんて夢のようですよね

好きな国、好きな地域の専門の旅行会社はたくさんあり、「好きなことを仕事にする」ことができます。

03 旅行のプロとして社会的地位を得ることができる

moleshko / Pixabay

自由に海外旅行に行くことができる時代になり、最近はいろいろな情報がありますよね。でも、どれがほんとうでどれが嘘かわからない時も多いな~と感じています。

そんな時代だからこそ観光地、英語、交通機関情報など幅広く旅行業に必要な知識を勉強した有資格者は重宝されて、旅行のプロとして認められるんだと思います。

また、旅行店では各営業所に1人以上の旅行業務取扱管理者が必要なので、就職には有利に働くことがおおいようですね。旅行業界に興味がある人にとってはメリットが多い資格なんです。

ちょっと勉強は大変ですが、資格取得を通して驚くほど旅行の知識と経験を得ることができるメリットは無視できないですね。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。


JK INTERNATIONAL LANGUAGE

CENTER INC.

英語能力と仕事の両方が手に入る世界中の留学生の夢を実現した世界でも例のない語学学校です。シスターカンパニーのJ-P Network English Corp.はオンライン英会話レッスンのBPO企業ですので、優秀な講師が数百名単位で在籍しており、その中から選りすぐった優秀な講師達がワンオンワンにて留学生のレッスンを担当いたします。

Tabi Joy
TOEICコースで200点UPを実現!フィリピン人気語学学校!


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表。Tabi Joy運営者。大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。これまで約40ヶ国へ渡航。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者」