個人保証の制限について 「契約書作成代行専門 行政書士が解説」

行政書士の三浦です。

こちらの記事では、個人保証の制限についてご説明しています。

個人保証とは

個人保証とは、企業が金融機関から融資を受ける場合に経営者やその家族、知人などの個人が融資を保証する制度です。

資力に乏しい主たる債務者である企業の資金調達が可能になりますが、主たる債務者が破綻した場合、個人の資力では支払えない額の保証債務を負担させられることになります。

民法では、個人保証を原則禁止としていますが、個人が保証人となるという意思を公正証書で行うなどの手続きを行うことで、例外的に認める措置を講じています。

保証人の保護を目的とした情報提供義務がある 「契約書作成代行専門 行政書士が解説」

主たる債務者は、個人保証を行う個人に対して、自らの返済資力に関する情報を提供しなければなりません。

主たる債務者と個人保証を行う個人は、運命共同体となるわけですし、何よりも個人の保護のために情報提供義務を設けています。

具体的に提供すべき情報は、

①主たる債務者の財産および収支の状況

②主たる債務以外に負担している債務の有無、額および履行の状況

③主たる債務の担保として他に提供し、または提供しようとする物の有無およびその内容

の3つです。

期限の利益喪失についての情報提供義務 「契約書作成代行専門 行政書士が解説」

通常、分割払いや割賦払いを認める契約では、約束された期日に返済しなかった場合には、債権者は債務者に対し、債務の残額を一括して返済するよう請求できる旨の特約が付されています。

この特約を「期限の利益喪失約款」といいます。

期限の利益喪失約款が適用され、主たる債務者が支払いを怠り、期限の利益を喪失した場合には、債権者は、主たる債務者が期限の利益を喪失したことを知った時から2か月以内に、個人である保証人に対し、その旨を通知する必要があります。

当事務所は、書類作成専門の行政書士事務所です。

当事務所では、各種ご契約書作成代行を全国対応にて(オンラインにて全て完結いたします)、原則、ご依頼から3日以内に納品させて頂いております。

行政書士には厳しい守秘義務があり、ご依頼者様の情報を厳密に管理させていただきながら、迅速かつ正確に業務を進めさせていただきます。

契約書は、項目を原則自由に作成することができます。

そのため、当事務所では、相手方に不平等を感じさせない範囲にて、ご依頼者様が有利になるようなご契約書作成を心がけております。

トラブルの際、ご依頼者様が不利にならないご契約書を求めていらっしゃる場合には、ぜひともご依頼いただけたらと思います。

また、契約書は自由に作成することが可能ですが、契約書が公序良俗違反(社会規範に反する内容違反)等に該当する場合などは、契約書(契約)自体が無効となります。

そのため、当事務所では、法的な確認も含め実用的なご契約書作成を進めさせていただいております。

ご契約書に関して、ご不明点や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせ・ご相談契約書作成のご依頼誓約書作成のご依頼示談書作成のご依頼離婚協議書作成のご依頼就業規則作成のご依頼内容証明作成のご依頼その他書類作成のご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。