世界一周&海外旅行を快適に過ごす11の方法

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

今回は、海外人気サイトholidifyから「世界一周&海外旅行を快適に過ごす11の方法」をご紹介したいと思います。

少しのアイデアで、劇的に海外渡航の質を高めることができます。

翻訳・校閲 三浦 哲郎

1 1人旅は、必ずセルフィーを持っていく

tra

1人旅は、写真を毎回、周りの誰かにお願いしなくてはなりません。

他の旅行者や現地の方と、交流を楽しめるというメリットもありますが、面倒に感じてしまうこともあると思います。

撮影をお願いし、思うような写真が撮れていなくても、「もう一度撮って」とは言いづらいものです。

自分が納得できる写真を残すために、セルフィーは必須なのです。

2 ボトルには、必ずラップをする

tra2

バックパックやスーツケースを開けてみたら、「シャンプーがこぼれてる」なんてことは、誰もが経験したことがあると思います。

対策として、必ず写真のようにラップをしておきましょう。

ラップは世界のどこでも手に入りますし、貴重な旅行の時間をバックパックやスーツケースを洗濯する時間に費やす必要はありません。

3 コンタクトレンズ用ボックスを活用する

tra3

コンタクトレンズの保存ボックスは、海外渡航中に大変重宝します。

化粧品や小物を入れることができますし、軽く、液体もこぼれないその性能を利用しない手はないのです。

4 充電プラグを無くしてしまったときはテレビを使おう

tra4

充電器プラグを紛失してしまった場合の応急処置はこちらです。

テレビのUSBプラグに差し込んで充電する方法です。

i phone等であれば、世界中で周辺機器を購入することができるので、あくまで応急処置として頭に入れておいて損はないと思います。

5 ピンの持ち運びにはTic Tacボトルが最適

tra5

ピンの持ち運びにはTic Tacボトルがジャストサイズです。

Tic Tacも世界中で購入できるので、現地調達でも良いかもしれませんね。

6 パスポートや重要書類を電子保存しておこう

tra6

海外渡航中には、パスポート紛失やビザなど重要書類の紛失の可能性があります。

「もしも」の時に備えて、ご自身のメールやDropBoxなどに重要書類のデータを入れておきましょう。

7 細かい残ったお金は募金しよう

紙幣は問題ありませんが、コインは換金所でも換金できない国が多くあります。

記念にコインを持ち帰っても良いのですが、今後に使う可能性が低い場合は、募金して次の国へ行くのもいいかもしれません。

募金は社会貢献できるだけでなく、荷物が軽くなるのでおすすめです。

8 カミソリの持ち運びにはクリップを使おう

tra8

カミソリをそのまま荷物に入れてしまうと、危ないですし、他の持ち物を傷つけてしまうことも考えられます。

写真のように、クリップをカミソリのキャップ代わりにすると安心です。

9 場所をとるベルトはシャツの内側に

tra9

海外渡航中は、限られたスペースで荷物をまとめなくてはなりません。

かさばるベルトは、写真のようにシャツの内側に入れておけば、スペースを確保できるだけでなく、シャツの形状も崩れません。

10 ピアスやネックレスはボタンに付けよう

tra10

世界各国に、安くてかわいいアクセサリーがたくさんあります。

「片方無くなった」なんて事にならないように、ボタンに付けておきましょう。

11 飛行機は羽の近くの席に座ろう

tra11

飛行機は、羽付近が1番揺れが少ないです。

そのため、席指定ができる場合は羽付近(真ん中付近)の席にしましょう。

翻訳を終えて

いかがでしたでしょうか。

旅人のアイデアが詰まった、11個の方法をご覧頂きました。

私自身、これまで約30カ国への渡航を経験しました。

今回、ご紹介の方法は「ほんの少し」ではありますが、どれも旅行を快適にする方法として活用できるものだと思います。

旅行を快適に過ごす方法は、万国共通のようですね。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。