「月15万留学」マルタに留学する6つの理由「費用・物価・他言語・アクセス・世界遺産」

最近では様々な国に語学留学できるようになりました。その中でも、格安の留学と言えば「フィリピン留学やフィジー留学」が一般的だと思います。しかし、実は地中海に浮かぶ楽園マルタも「格安留学」が可能な国なのです

今回はそんなマルタ留学の知られざる魅力に迫りたいと思います!!

01 ヨーロッパに位置しているのに物価が安い

日本のテレビや雑誌でも度々特集が組まれているマルタは人口40万人程度の小さな国です!

マルタはヨーロッパの国( EU)なのですが、物価が安いことでも知られています。そのため、4週間(1ヶ月)の留学で、英語レッスン&宿泊施設滞在全て込みで150,000円ほど〜留学が可能です(申し込み内容によります)。

ヨーロッパは日本に比べて物価が高い国が多いなか、マルタは日本と同じかそれ以下なので長期滞在に向いています

例えば、イギリスへの留学費用は渡航費、食費等全て含め、一ヶ月あたりおよそ30万円〜かかります。しかし、マルタへの留学費用は15万円程度〜。

もちろん語学学校によって留学費用はまちまちですが、基本的にマルタの語学学校の値段が物価の恩恵を受け、他のヨーロッパの国よりも低く設定されていることは間違いないのです。

02 地中海を思う存分堪能できる

judithscharnowski / Pixabay

日光の吸収力が低いことも建物を白く塗っている理由のひとつなんです!

マルタはイタリアの下に位置し、まさに地中海を体いっぱいに感じることができる場所です。ヨーロッパの人々はマルタをリゾート地として認識していて、綺麗な青い海、治安も良く、食事もおいしいという、観光地として欠点がない場所なのです

また、青く透き通る海を抜きにしてマルタは語れません。海岸近くで泳ぐ人、日光浴を楽しむ人のほか、スキューバダイビングのライセンスも取得できるとあって、世界各国からマリンスポーツ好きの人々がたくさん集まってきます。

マルタは日本と同じく島国で島全体を海が囲んでいるので、どこにいても海が見える環境にあります。勉強に疲れたときなどの気晴らしには困ることはありません。

実は、マルタは鬱病など、主に精神疾患にかかった人たちを癒すためのメディカルツーリズムでも注目されている地域なのです。そのため、マルタは語学学習だけではなく都会の喧騒の中、「疲れてしまったなぁ」という方の慰安地としてもおすすめの留学先です。

03 街全体が世界遺産

ヴァレッタは1980年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。

首都ヴァレッタは街全体が世界遺産になっており、文化的にも観光的にも魅力的な街です。そんな世界遺産の街に滞在できることも、マルタ留学の人気が高まっている要因のひとつなのです。

04 多文化・多言語に触れられる

マルタの公用語は「英語とマルタ語」となります。また、マルタは歴史的な背景から様々な国の文化や言語が今もなお残っています。そのため、マルタ留学では多文化・多言語に触れられる機会が多くあります。

マルタは治安が良く、初めての留学や未成年の方でも安心して留学できる地です。マルタというひとつの国に渡航しながら多くの知識や見識を身につけることができるマルタ留学は、今後の留学の主流になるポテンシャルがあると言えます

05 他の国にもアクセスしやすい

マルタは地中海に位置しているため、ヨーロッパ各国をはじめアフリカ大陸へのアクセスも容易です。マルタからイタリアやフランス、ベルギーなどヨーロッパの主要国までは航空機で2時間程度なので、留学中にも気軽に遊びに行くことができます。

また、LCCも多数運行されており片道3000円~5000円程度で上記国へ渡航することができます。マルタ留学中は週末に様々な国へ遊びに行けるメリットがあるため、旅行好きの方にとってたまらない国なのです。

日本〜マルタも格安航空券があります!

日本〜マルタの航空券は「最安値検索」で上記の値段で購入することができました(時期やタイミングによります)。格安航空券を見つけるためには、根気よく調べることが大切です。スカイスキャナー 調べ

06 おまけ 猫が多い

マルタでは人口40万に対して、猫は70万匹います!

猫が多いのが良いか悪いかはわかりませんが、とにかくマルタには猫が多いです。

そのため、猫好きの場合は町中に猫がいるため快適で楽しい留学生活を送れるのですが、猫が嫌いな場合やアレルギーがある場合などは考慮する必要があるかもしれません。

まとめ

マルタ留学はヨーロッパ各国では主流ですが、日本ではまだまだ知名度が低いです。しかし、マルタに1度渡航すればその魅力のとりこになること間違いなしです

マルタ留学は1週間単位で申し込むことができるので、観光ついでに留学を検討してみるのもいいかもしれませんね!

90日以内の短期海外旅行・留学であれば、海外保険はクレジットカード付帯で対応可能

90日以内の短期海外旅行であれば、「クレジットカード付帯海外旅行保険」で対応すると旅行総費用を抑えることができます。 「クレジットカード付帯海外旅行保険」の詳しいメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

海外旅行・留学前に必見!海外旅行保険付帯クレジットカード特集

2017.05.05

マルタ旅行予約旅行代理店

会社名特徴
JTBJTBの強みはクオリティーの高さです。料金自体は他の会社より高額になる傾向があるのですが、費用よりも旅のクオリティを求め、顧客満足度が非常に高いのが特長です。
また、日本の旅行業界を牛耳っていると言っても過言ではなく、大小関わらずどの旅行会社もJTBとのつながりがあることが多いです。
HISHISの特徴は旅行費用が安い事と、大手企業なので安心感があることです。
世界各国に支店があり、最近ではアフリカにも支店があります。
社員旅行やビジネスの手配に定評があるので、個人利用よりもビジネス利用時に重宝します。
楽天トラベル楽天トラベルの特長は宿泊予約をすると、楽天のショッピングに使える「スーパーポイント」が貯まる点にあります。1ポイント1円で換算して、宿泊料金の1%が貯まるシステムなので、普段から楽天ポイントを貯めている場合に利用価値があります。
DeNAトラベルDeNAトラベルは以前、「スカイゲート」として運営していました。
特に、海外航空券の予約に力を入れており、 オンライン専門なので非常に使い勝手が良いサイトです。定期的に行っているキャンペーン時は利用価値ありです。
日本旅行日本旅行は日本で初めての旅行会社として知られており、その歴史は100年以上を誇ります。長年の経験に基づいたきめ細やかな配慮が特徴の旅行会社です。
クラブツーリズムクラブツーリズムは国内のバス旅行などで非常に人気がある旅行会社です。ご年配の方でも安心して参加できる、低価格・短期間のツアーが特徴になります。国内旅行のイメージが強いですが、海外旅行も幅広く扱っています。

個人手配サイト(私が世界一周していた時に活用していたサイトです)

Tabi Joy
個人手配サイトでは「航空券」「ホテル」「各種ツアー」を別々に予約する必要がありますが、旅行総費用を大幅に節約することができる可能性が高いです。また、下記のサイトはどれも10分程度で予約完了することができるため、手間もかかりません。しかし、すべての予約・旅程を管理する必要があるため、そちらの部分を考慮して「旅行代理店予約」or「個人手配サイト予約」を選択すると良いと思います。
サイト名説明
トリップアドバイザー「事前調査」世界中の旅行先の口コミを確認するために利用しています。
スカイスキャナー「航空券予約」ネット上の情報を拾って最安値航空券を検索してくれる優秀サイトです。
booking.com「ホテル予約」最安値保障があるので、もし予約後に別サイトでさらに安い料金があった場合でも安心です。
トリバゴ「ホテル予約」スカイスキャナー同様に、ネット上の情報を拾って最安値ホテルを検索してくれます。

 



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表「行政書士・総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者・ハワイスペシャリスト検定上級保有」大学卒業後、オーストラリア・フィリピンへの留学を経て、海外語学学校、旅行会社(清水建設グループ)、最大手留学エージェント(ラストリゾート)にて勤務。ラストリゾート勤務時には、当時、国内留学エージェントでのご案内がなかったフィリピン留学の取扱を発案し、社内フィリピン留学講師として活躍。ノウハウを同社に構築。退社後、フィリピン留学カウンセラーのパイオニアとして1000名以上をご担当。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。これまで5大陸約30ヶ国へ渡航経験有。お気軽に「contact」ページよりご連絡ください!