「世界一周」ツール特集 「ランサーズ」

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

今回は、世界一周時に役立つツールのご紹介です。

ご存知の方も多いかと思われますが、「ランサーズ」というツールです。

海外では、パソコン1台で稼ぎながら、世界を周ることは主流となっており、個々に大小を問わずにビジネスを持っている方が大勢いらっしゃいます。

アメリカでは、3人に1人がフリーランスというデータもあり、自分が主体となって仕事をしている方が多くなっています。

ランサーズのコンセプトは、「時間や場所にとらわれない、新しい働き方を体現する」。

副業が解禁されつつある現在の日本で、今後の働き方を大きく変えうる存在だと考えています。

ランサーズ

「ランサーズが世界一周中に活用できる理由」海外情報で報酬を得られる

ランサーズには、多くの案件があり、海外情報を記事にすることにより、報酬を得ることができます。

情報を発信したい人と情報を得たい人をつなぐ役割をしており、海外渡航中のリアルな声は需要があります。

ライティングで生計を立てることは、知名度や文章力がなくては難しい部分もありますが、旅費の足しにはなるかと思われます。

「ランサーズが世界一周中に活用できる理由」期限や納品数を自由に相談できる

世界一周中は、常にオンラインでいることは難しいです。

また、PCやスマホを屋外で出していると盗難や紛失の危険性も増えます。

ランサーズでは、納品期限や納品数を気軽に相談できるので、日程に合わせて無理なく作業を行うことができます。

「ランサーズが世界一周中に活用できる理由」登録料や年会費が無料

世界一周中でなくても、登録料や年会費は負担に感じてしまう方も多いと思います。

ランサーズでは、無料なので、安心して利用することができます。

ランサーズは、仲介手数料を取ることで運営しているため、登録料や年会費は発生しません。

「ランサーズが世界一周中に活用できる理由」スキルで勝負できるから

ランサーズでは、Web(ウェブ)デザインやロゴ作成、イラスト制作、LINEスタンプ作成など、専門的なスキルを有する方向けの案件も多くあります。

スキルを活かして、高額案件にトライすることも可能です。

「ランサーズが世界一周中に活用できる理由」報酬振込みが自動

ランサーズでは、報酬が1,000円を超過したタイミングで、指定の登録銀行口座に、報酬が振り込まれます(繰越設定も可能です)。

支払いは、月に2回あり、労力をすぐに換金できます。

注意事項としては、楽天銀行は、振込手数料100円ですが、他銀行は、振込手数料500円になる点です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

クラウドサイト最大手の「ランサーズ」のご紹介でした。

今回は、世界一周時目線で記載しておりますが、もちろん、日本滞在時にも活用できるツールです。

ランサーズ等のクラウドサイトのみで生計を立てるとなれば、そちらに伴う労力や時間が必要になるかと思われますが、少しのお小遣い程度であれば、ハードルは高くないと思います。

興味がある方は、「ランサーズ」の公式ホームページを確認してください。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。