アイスランド驚きの物価と節約法!オーロラ・ブルーラグーン・ゲイシール観光「格安航空券・ホテル・ツアー予約」

日本は世界的に見てもとても平和な国だと思います。日本では荷物や上着から目を離しても盗まれることは稀ですし、財布を落としても帰ってくる可能性が高い海外の人から見たらある意味クレイジーな国なんです。

しかし、そんな日本の平和さも超えるといわれているアイスランド。実際にアイスランドに訪れた際にもこれは体感的に感じることができました。南米やアジアのヒリヒリした雰囲気は全くなく、安全安心で過ごすことができます。

最近では、日本からアイスランドのツアーも多いので、以前よりも気軽に行けるようになりました。しかし、意外と知られていないことは物価が日本よりも何倍も高いことです

たとえば缶コーラ。なんと!衝撃の約400円!他のものも日本の3倍程度を考えてもらうとわかりやすいかと思います。そんな調子で、コンビニに入るとまるでパラレルワールドにいるような、嘘みたいな金額に出会うことができます。

私はあまり物価の事を調べずにアイスランドに来てしまったので「えっ!うそでしょ!?」と何度も目を疑った記憶があります。そのためアイスランド滞在時は、ある程度節約が必要になる場合があると思います

今回は実体験を交えてアイスランドでの節約法をご紹介致します。

Tabi Joy
アイスランドは観光業に力を入れており、ホテル宿泊料や観光料金はアイスランドの物価に比べて安めに設定されています。詳しい料金は記事下記の各予約サイトからご覧下さい。

大前提として自炊をすることを心がける

これは旅行中に限らず、普段の生活にも言えることなのですがまずは自炊を心がけると良いと思います。アイスランドは島国なので、飛行機に搭乗する前に宿泊していた人たちがたくさん食材を残してくれています。(バックパッカーの場合)

少し抵抗がある場合もあると思いますが、バックッパッカーに宿泊している場合は通常に行われていることなんです。次の旅行者のために食材を残してくれる人、調理しておいてくれる人までいるので、発見した場合はありがたく頂きましょう!

食材などは、バックパッカーのスタッフの方が毎日、清掃を行っているので古い食材などは基本的に処分されます。なので、古い食材は置いていないという認識で大丈夫です。

食材を買うときはBONUS

BONUSというのはアイスランドにあるスーパーの名前なんですが、他のスーパーに比べてとにかく安いんです。イオンの「トップバリュー」や西友の「みなさまのお墨付き」のようにBONUSの自社ブランドがあり日本の物価に近い金額で食材を買うことができます。

BONUSのロゴ

BONUSのロゴ

キレイな建物や美しい自然があるアイスランドの中に、突如としてこのロゴが目に入ってきます!なぜこのロゴなのか?これじゃなくてはならなかったのか?いろいろ考えさせられる独創的なロゴです。特に目が気になりました。

ホットドックを主食にする

ホットドックは街中で安く食べることができます。アイスランドでは国民食的な立ち位置で、いつもお店は賑わっていました。アイスランドの寒い中で食べるホットドックは最高の一言です!

アイスランドの宇宙一おいしいホットドッグ!「Bæjarins Beztu Pylsur」

2017.03.15

アイスランド国内企業ではなく外資系のお店に行く

食材の場合は外資系があまりアイスランドには参入していないと思うので難しいですが、雑貨や小物は日本と同じくらいの値段で買うことができます。例えば日本でも有名なフライングタイガーもそのひとつ。もし必要な物があったら世界的にチェーン展開している店に行ってみるのがいいと思います。(店名は日本の「Flying Tiger」ではなく「TIGER」になるので注意してください!)

しかし、旅費を気にしないことも大事!

アイスランドまで来て節約したくないという場合もあると思います。節約法をお伝えしといて申し訳ないですが、私もこの意見には賛同します!

アイスランドは魚介類が美味しいので(特にサーモンは絶品だったので、アイスランドに訪れた際は是非トライしてみてください!)、食事も楽しめますし、近代的な建物や親切な人々など観光地としてクオリティがとても高い国だと感じています。

本当に物価が高くて驚きますが、せっかくの旅行では奮発しても良いかもしれませんね。

アイスランドの観光地を歩いてみよう


ハットルグリムス協会からスタート!

オーロラ観光

私のカメラの性能ではこれが限界でした!

何度もうねって形を変える姿は今でも目に焼き付いています。

3日間オーロラツアーに参加しても見ることができなかったのですが、アイスランドを離れる前夜に奇跡的にホテル近くの海辺でオーロラを見ることができました!

ツアー中にお話しした日本人の方は2週間オーロラツアーに参加しても見ることができなかったと言っていたので、本当に運が良かったです。アイスランドでオーロラ鑑賞する際には、できる限り長い旅程を組むことをおすすめします。

現地でツアーを申し込む場合は、Iceland excursions、Iceland Horizon などの旅行会社があります。

ブルーラグーン観光

ブルーラグーンはアイスランドにある人工温泉です。最近ではテレビなどでもよく特集されているので、ご存知の方も少なくないと思います。ブルーラグーンは面積は約5,000m²(競泳用50mプール4個分)と広大な敷地を誇っており、温泉に入りながらお酒を楽しむことができます

家の近くにあったら何度も訪れたい場所ですね。施設内はとても綺麗です!

ゲイシール観光

ゲイシールとは「間欠泉」のことです。かなり近くまで近寄ることができるので、迫力がすごいです!吹き上がるのは一瞬なので、カメラに収めるのが結構大変でした!その中でもうまく撮れている写真を掲載しています。

ゲイシールを訪れる注意点としては、とにかく周りが滑りやすいので靴のチョイスを間違わないようにしましょう!私の近くにいたおじさんは思いっきり滑って心配になるくらい頭を打っていました!

地球の割れ目観光

ツアー参加時。観光客が多いです!

地球が割れて!?います!

アイスランドは北アメリカ・プレートとユーラシア・プレート上にある島なので、このような大陸の割れ目を見ることができます!このような特徴的な場所は世界で唯一アイスランドだけなのです。

アイスランドの観光地はとにかく規模が大きく、大迫力の自然を感じられる場所が多いです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。アイスランドは物価が高くて滞在に負担がかかるのは事実ですが、それが気にならないくらい素晴らしい自然や環境が広がっています

問題の旅費ですが、成田からレイキャビクの最安値を検索してみたところ、往復で10万円を切る航空券もありました!(時期やタイミングによって航空券費用は異なります)

こちらの航空券は2回乗り換えるので、体力的には少し大変ですが、往復10万円でアイスランドに行けるなら、アイスランド旅行のハードルがぐっとさがりそうですね!スカイスキャナー調べ

90日以内の短期海外旅行であれば、海外保険はクレジットカード付帯で対応可能

90日以内の短期海外旅行であれば、「クレジットカード付帯海外旅行保険」で対応すると旅行総費用を抑えることができます。 「クレジットカード付帯海外旅行保険」の詳しいメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

海外旅行・留学前に必見!海外旅行保険付帯クレジットカード特集

2017.05.05

アイスランド旅行予約・代理店大手JTB



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。


JK INTERNATIONAL LANGUAGE

CENTER INC.

英語能力と仕事の両方が手に入る世界中の留学生の夢を実現した世界でも例のない語学学校です。シスターカンパニーのJ-P Network English Corp.はオンライン英会話レッスンのBPO企業ですので、優秀な講師が数百名単位で在籍しており、その中から選りすぐった優秀な講師達がワンオンワンにて留学生のレッスンを担当いたします。

Tabi Joy
TOEICコースで200点UPを実現!フィリピン人気語学学校!


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表(業務内容:フィリピン留学エージェント・メディア運営・旅行留学コンサルタント)。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者・ハワイスペシャリスト検定上級」大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務後、独立。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。これまで約40ヶ国へ渡航。記事執筆・取材・その他お仕事のご依頼は、tabijoy@allworldtraveler.netまでお願いします。