「ESTA申請代行」 行政書士事務所に代理申請を依頼するメリット

行政書士の三浦です。

こちらの記事では、アメリカ渡航の際に必要な、ESTAについてご説明しています。

また、当行政書士事務所では、5,000円+申請料にてESTA代理申請を承っております。

ESTAとは

ESTAとは、観光やビジネスで、アメリカに90日以下の滞在をする場合に、取得が義務付けられているものです。

ESTA申請料は、14ドルとなります。

ESTA申請時に必要なもの

・パスポート(当事務所にご依頼いただける場合は、パスポートのコピーをご共有ください)
・クレジットカード(当事務所にご依頼いただける場合は、不要です)
・現地滞在先の情報

ESTAの有効期限

ESTAの有効期限は、2年間ですので、前回取得してから2年を経過している場合は、再度取得する必要があります。

また、お持ちのパスポートの更新を行った場合も、有効期限にかかわらず、再度申請が必要となります。

ESTA申請期日

ESTAは、各種ビザとは異なり、申請から承認までの時間はあまりかかりません。

多くの場合は、申請の翌日までには承認されていることが多いのですが、承認の判断はアメリカ政府になるため、余裕をもって申請することをおすすめします。

当行政書士事務所に代理申請を依頼するメリット

ESTAの申請は、ご自身で行うことができます。

そのため、ESTA申請に関わる規定や内容を全て理解し、ご自身で申請されたほうが、費用的には抑えることができます。

しかし、ESTA申請に関して、虚偽の内容での申請や規定を理解せずに申請を行ってしまった場合には、最悪の場合、アメリカ政府から今後アメリカに渡航することを禁止される可能性もございます。

また、イレギュラーではございますが、前科がある場合やこれまでにアメリカ入国に関してトラブルを起こしてしまった過去がある場合には、慎重に申請を行わなくてはなりません。

最終的に、ESTA申請が承認されるかどうかは、アメリカ政府の判断となりますが、ケースに合わせて承認が得やすくなるようサポートさせて頂きます

また、ESTA申請時には、正確な情報を正確に入力しなくてはなりません。

行政書士は、各種申請業務の専門家です。

ESTA申請にかかる時間を短縮できることはもちろん、ご依頼者様の正確な情報の記入をお約束いたします。

ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせ・ご相談契約書作成のご依頼誓約書作成のご依頼示談書作成のご依頼離婚協議書作成のご依頼就業規則作成のご依頼内容証明作成のご依頼その他書類作成のご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。