フィリピン留学前に確認したい見落としがちな5つのこと「費用・レッスン形態・門限・食事内容・先生」

フィリピン留学を検討する際に、「費用」「授業時間」「カリキュラム」「地域」「日本人比率」など一般的な項目と合わせて、確認しておくと良いことがあります。

フィリピン留学に限ったことではありませんが、世界各国への留学や旅行をした際に、「こんなはずじゃなかった!」と思うことがあると思います。

インターネットや情報誌で多くの情報を集めることは可能ですが、やはり海外は実際に行ってみなくてはわからない部分も多いのです。

そこで、私の実体験を基に(フィリピン留学・フィリピン語学学校勤務・フィリピン留学エージェント経験)、フィリピン留学前に確認しておきたい項目をご紹介したいと思います

留学費用が上がれば語学学校の年齢層は高くなる

年齢層が高いから良いとか悪いということではなく、年齢層の違いは学校全体の雰囲気に現れるので重要な項目だと思います。

フィリピン語学学校は1ヵ月10万円~25万円程度と大きく留学費用に開きがあります。施設の豪華さや質の高い講師を雇っている場合は必然的に留学費用も高くなる傾向にあります。

そのため、お金に余裕のある社会人の方は、英語力の向上と快適な生活を求め留学費用が高い語学学校に集まる傾向があるのです

落ち着いた雰囲気で勉強したい場合は、留学費用が高めの語学学校を選定し、学生皆さんでワイワイ留学生活を楽しみたい場合はリーズナブルな語学学校を選定すると良いと思います。

こちらは「留学に何を求めるか」「どのような留学にしたいか」に関することなので、どちらが良いと感じるかは個人差があるのではないかと思います。

夏休みや春休み時期はどちらの学校も学生さんが多くなるので、そちらも考慮して留学時期を検討することをおすすめします。

個室型ではなく、オープンスペース型の語学学校がある

フィリピン留学と言えばマンツーマンでレッスンを行うことができるメリットがありますが、一般的な個室型の他に、オープンスペース型の語学学校もあります。

オープンスペース型は名前の通り、パーテーションなど簡易的に区切っただけで、隣の生徒さんのレッスンも聞き取れるほどの近い距離での学習になります。

オープンスペース型のメリットとしては、開放的な空間でレッスンを受けることができる点と英語に対する恥ずかしさを払拭できる点にあります

個室型では人2人がやっと入れる狭い空間になることが多く、1日中狭い空間でのレッスンになりストレスが溜まりやすいとも言えるのです。

また、先生と2人きりだと思い切って英語を話せるのに、人前だと恥ずかしさや自信のなさから英語を話せないという場合も多いと思います。

しかし、こちらは性格や学習スタイルにより良し悪しが決まると思いますので、「そのような選択肢もあるんだな。」くらいの認識で良いと思います。

門限がある

語学学校によっては門限時間に1部屋ずつスタッフが確認する場合もあります。

フィリピン留学では(主に韓国人経営)門限があります。こちらは語学学校によって門限時間や厳しさは異なるのですが、留学生活に大きく関わることなので、留学前に確認が必要です。

例えば夜10時門限の語学学校では、平日に外出することは難しくなります。もちろん、夕食などの短時間であれば可能ですが、お酒をゆっくり外で飲むことはできません。

また、一定のテストの点数が悪い場合は外出さえ許されない語学学校もあります。

そのため、追い込みたい場合はあえて韓国人経営&スパルタカリキュラム(1日のレッスン数は12時間ほど)にすると、遊びに行くことが難しくなり、勉強に専念できる環境を整えられます

しかし、ストレスも同時に溜まるので、留学スタイルに合わせて語学学校を選定すると良いと思います。

食事内容はカリキュラムより重要!?

語学学校によって食事内容は大きく異なります。

フィリピン留学の語学学校を選定する上で「食事内容」を重要項目にすることは少ないと思います。大半の場合は「留学費用」「カリキュラム」などを最重要項目に置くことが一般的なのです。

しかし、私の経験上は語学学校の「食事内容」は何よりも重要だと考えています

平日は1日中レッスンになるフィリピン留学では、食事が唯一の楽しみであり、休息の場だと言っても良いと思います。

また、日本との環境の違いがあり、体調も崩しやすくなるため、食事をしっかりとってストレスを軽減し、毎日のレッスンに備えることはとても大切なのです。

韓国人経営の語学学校では基本的に3食韓国料理で、辛い料理が提供されます。辛いのが苦手な方、お腹が弱い方が韓国人経営の語学学校に入学してしまうと、想像に難しくないと思います

私は個人的に辛いのがあまり得意ではないので、毎日は厳しいです。。。必ず留学前に語学学校の「食事内容」を確認しましょう!

フィリピン人先生の気持ちの変化を知る

フィリピン人の方は陽気なのですがシャイで付き合いやすいです!

フィリピン人先生は国民性もあるのですが、気持ちのアップダウンが激しい先生が多いです。特に週末になるにつれてお休みモードでレッスンを行う先生も少なくありません。

日本人であれば、仕事のやる気が無い日でも表向きはやる気を見せる場合が多いと思います。しかし、フィリピン人先生はやる気が無い日は「おもいっきりやる気が無い」ことが一目でわかります。

日本人の感覚ですと怒りたくなるところですが、ある程度は寛容に対応しなくてはならない部分もあります(ほとんどの先生が当てはまるため)。

先生の気持ちのアップダウンを最小限に抑える方法としては、「費用が高い語学学校へ申し込む(先生の給料も多いためやる気とスキルがある先生が多い傾向にあります)」「厳しい採用基準を設けている語学学校へ申し込む(公式ホームページなどに先生の採用基準を記載している語学学校が多いです)」などになります。

しかし、国民性として日本人と比べると勤勉さに劣る部分があることを知っておくことは大切です。

総合的に語学学校を判断することが重要

フィリピン留学の語学学校を選定することは容易ではないです。大小を含めると数十校の語学学校があるためです。

前述した通り、留学をしてみなくてはフィリピン留学や語学学校の実情を知ることは難しいかもしれません。

しかし、今回ご紹介させて頂いた項目はどちらもフィリピン留学前に見落としがちな項目だと思います。(私がフィリピン留学した時には全く考えていませんでした)

ご紹介の項目は、語学学校を選定する上で頭の片隅に入れておいて損はないと思います!

フィリピン留学「日本人経営と韓国人経営の違い」語学学校の選びかた!

2017.03.01


ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

LIBERTA TRAVEL代表。Tabi Joy運営者。大学卒業後、オーストラリア(ワーキングホリデー/2008年)・フィリピン(2011年)へ合計1年半の留学を経て、海外語学学校、旅行会社、留学エージェントにて勤務。これまで約40ヶ国へ渡航。運営アメブロは「英語・英会話カテゴリー」で人気ブログランキング1位獲得。「総合旅行業務取扱管理者・総合旅程管理主任者」