「セブ往復いつでも3万円代〜取得可能」セブ格安航空券をお得に早く購入する方法

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

フィリピン・セブは、年間100万人以上が訪れる観光地です。

また、セブ留学も人気が高まっています。セブ留学は、格安の授業料や滞在費でマンツーマン授業を受けられる特徴があります。

日本からフィリピンへは4時間半ほどのフライトになり、LCCも多数運行していることから、欧米圏留学と比べ、移動費も抑えることが可能です。

しかし、LCCは、料金の変動が激しく、渡航や航空券購入のタイミングによっては高額になってしまう可能性も考えられます。

そこで、こちらの記事では、常に「3万円台でセブへの航空券が購入できる方法」をご紹介したいと思います。

こちらの記事では、3万円台での購入を保証しているものではなく、あくまで、確率を高めるものになります。ご了承の上、ご覧下さい。

セブへの主な航空券購入方法

  • セブパシフィックを始めとする、日本ーセブ運行便がある航空会社の公式ホームページで購入する セブパシフィック
  • スカイスキャナーなどを利用し、インターネット上にある格安航空券情報から予約する スカイスキャナー

「セブパシフィック」などの航空会社公式ホームページは、英語表記が多く(日本語もありますが少々操作性に難があります)、英語力が必要になり、約款確認などに時間を費やしてしまうデメリットはあります。

しかし、航空会社サイトとスカイスキャナーなどの予約サイトを利用することで、格安の航空券は発見しやすくなります。

イーツアーで予約する

そして、今回ご紹介したいのは「イーツアー」です。

イーツアーでは、セブパシフィック往復航空券が、ほぼ常に35,000円~ほどで購入することができるので、上記2つの方法と合わせて是非検討したい航空券購入方法になります。

セブへの航空券購入にイーツアーがお勧めな理由

  • ほぼ毎日、日本ーセブ往復35,000円~ほどで航空券が購入可能
  • クレジットカード払いや銀行振込対応(多くの旅行代理店ではクレジット決算できないことも多いです)
  • セブパシフィック公式サイトと比べて、入力項目が少ない(セブパシフィック公式ホームページでは英語表記だけでなく、入力項目が多いです)
  • 荷物や保険の追加、座席の指定がウェブ上で可能(ウェブチェックインができるので、利便性が高いです)

イーツアー会社説明

イーツアーは「インターネット旅行会社宣言」をコンセプトに運営されている企業になります。

そのため、実店舗は持たずにインターネット上にて運営されています。

イーツアーが目指す旅行会社の形態は「ベンディングマシーン機能の提供」としており、まるで自動販売機でジュースを購入するように旅行商品を購入できるシステムを構築しています

イーツアーは実店舗を持たないことで、運営固定費が削減でき、お客様に費用面で還元できるメリットがあります。

イーツアーの取引先企業は「ANAセールス株式会社」「株式会社ジャルパック」など旅行業界大手企業とも提携しており、安心の信頼とクオリティの両面を持ち合わせている企業だと言えます。

会社名 イーツアー株式会社

事業内容 インターネットによる旅行商品の販売サービス

所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-3-11 御苑前311ビル3階

営業時間 平日10:00~18:00

土曜・日曜・祝祭日休業

設 立 平成12年8月

旅行業登録 観光庁長官登録旅行業 第1731号 登録年月日:平成15年8月21日 有効期限:平成25年8月21日から平成30年8月20日

資本金 2億6,050万円

JATA  (社団法人 日本旅行業協会)正会員

イーツアー予約方法(セブ島への航空券)

Step1

イーツアー公式ホームページに移動します。

Step2

  • セブパシの日本ーセブ直行便は週4便の火木土日運航です。
  • イーツアーでセブパシの航空券を購入する場合は出発日の8営業日前までに申し込みが必要です。
  • 日本ーセブ航空券を3万円代で購入する場合は、出発都市を成田/羽田にする。(他の出発都市でも3万円代で購入できる場合もあります。)
  • 航空会社の指定は不要です。

Step3

「検索する」ボタンを押すとこのような検索結果がでます。

セブパシと併せて、エバー航空やフィリピン航空の格安便が表示されます。

直行便と経由便を確認し、希望のフライトの「フライトを確認する」ボタンを押します。

Step4

希望便を確認するページが表示されるので、選択して「フライトを確定して総額確認に進む」を押します。

Step5

旅程表と「航空券代金+追加料金+空港使用税+現地諸税+航空保険料及び燃油+手配料金」の合計金額が表示されます。

時期やタイミングによっては合計金額が4万円代になってしまうこともありますが、多くの場合は往復3万円代で抑えることができます

合計金額が4万円代になってしまった場合は、手間はかかりますが「Step3」の航空機選択をやり直してみても良いかもしれません。

合計金額やキャンセルポリシー等を確認し、新規会員登録またはログインして申し込みを完了させます。

平日の15時までの申し込みで、当日中に確認メールが届きます。

支払いが完了するとキャンセル不可となりますので、申し込み内容はよく確認してください。

まとめ

セブへは直行便ですと、4時間半ほどなので機内食や機内サービスなどは、必要ないと個人的には考えています。

航空機に搭乗する前に食事を済ませておけば良いですし、ご自身のデバイスがあれば、映画や音楽も楽しめる環境を作ることができるためです。

航空券の費用は日々変動するため、細かくチェックしてみてください。

今回ご紹介の「イーツアー」は、とても利用価値が高い予約サイトです。

セブ留学や旅行の際には、ぜひ活用してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせ・ご相談契約書作成のご依頼誓約書作成のご依頼示談書作成のご依頼離婚協議書作成のご依頼就業規則作成のご依頼内容証明作成のご依頼その他書類作成のご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。