「ボラカイ島」の魅力と観光方法

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

ボラカイ島は、フィリピンの島のひとつで、「世界のベストビーチ」では2年連続アジア1位に選出されました。

加えて、アメリカの旅行雑誌「トラベル+レジャー」では、2012年に世界最高の島と評価されています。

更に、BMWのトロピカル・ビーチ・ハンドブックの投票で「世界最高のビーチのひとつ」という称号を受け、急激に観光地化が始まった島でもあります。

ボラカイ島は、マニラから南へ200km進んだ場所に位置し、島の長さは7.5km、幅は最も狭い場所で2kmというとても小さな島です。

ボラカイ島

ホワイトビーチ

ボラカイ島の最大の魅力は、全長4kmのホワイト・ビーチです。

ホワイトビーチであることで、ボラカイ島は、世界的に評価の高いビーチとして認識されています。

注意点としては、ボラカイ島のホワイトサンドは、4万年かけて造られたと言われており、価値が高く持ち帰ることは禁止されています。

ボラカイ島はホワイト・ビーチを筆頭にディニウィド(Diniwid)、バリンハイ(Balinghai)、プンタ・ブンガ(Punta Bunga)、プカ・シェル(Puka Shell)、イリグ・イリガン(Ilig-iligan)、ブラボグ(Bulabog)、トゥルハバン(Tulhaban)、タムビサアン(Tambisaan)、マノック・マノック(Manoc-manoc)、カグバン(Cagban)のビーチから成り立っています。

島の観光方法

ボラカイ島は、現在のところセブやマニラのような利便性の高い交通機関は整備されていません。

長距離移動する場合はエンジン付き自転車タクシー、少しそこまでという場合は、運転手付き三輪タクシーでの移動になります。

そのため、基本的には自転車移動になります。

日本で言うところの、浅草の人力車と考えて頂いていいと思います。

乗車料金は、日本円で20〜30円ほどですので、相場を意識しておくことが大切です。

フィリピンでは、日本人に対して高額な料金を請求してくることが多いため、注意が必要です。

ボラカイ島の方々は、日本円で月に数千円〜2万円ほどで生活しているので、日本の物価の感覚で支払いをしないよう心がけることが大切です。

他の移動手段としては、レンタサイクルやレンタバイクもありますが、ビーチ沿いは条例で走ることができません

実際に訪れてみて

私は、2011年にボラカイ島を訪れました。

ビーチ沿いにレストランやバー、クラブ、ホテルが2キロ程続いており、飽きない環境があります。

ゆったりできる環境もあり、個人的には長期の滞在をお勧めします。

ビーチ沿いのロッジは、1泊500円ほどで宿泊することができ(現地で予約)、費用面の負担も少ない観光地です。

航空券に関しても、スカイスキャナー で最安値検索したところ、往復50,000円ほどで見つけることができました。

セブパシフィックの航空券は、フィリピンの航空会社だけあって、日本ーフィリピン間の格安航空券が見つかることが多いので、フィリピン旅行には欠かせない存在だと思います。

スクリーンショット 2016-05-07 17.49.42

まとめ

ボラカイ島での一枚。ボラカイ島では、各種マリンアクティビティが楽しめます。

私は、バギオ留学中にボラカイ島を訪れました。

ボラカイ島は、フィリピンへ留学するまで存在を知らなかったのですが、語学学校で知り合った友人に「最高の島があるから行こう」と言われ、訪れることになりました。

そのため、下調べを全く行いませんでしたが、事前情報がなくとも十分楽しめる島だと思います。

というのも、良くも悪くも観光できる地区が狭いので、基本的にはビーチ沿いで過ごすことになるからです。

私たちも、ホテルで朝食をとり、昼までビーチで休み、レストランで昼食をとり、その後はまた、ビーチでお酒を飲んだり読書をしながら、サンセットを待つという生活でした。

ボラカイ島の魅力は、上記のような生活をしていても、滞在費1日1,000円程度ということです。

周りの観光客の方も、同じような1日を送っているので、周りを気にすることなく、時間を忘れてゆっくり過ごすことができます。

日本で、日常に追われていると感じている方には、是非ともお勧めしたいスポットです。

90日以内の短期海外旅行であれば、海外保険はクレジットカード付帯で対応可能

90日以内の短期海外旅行であれば、「クレジットカード付帯海外旅行保険」で対応すると旅行総費用を抑えることができます。

「クレジットカード付帯海外旅行保険」の詳しいメリット・デメリットはこちらをご覧ください。

「保存版」海外旅行保険付帯クレジットカード特集「海外旅行・留学前確認」

2018.04.06

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。