「フィリピン留学」格安語学学校選定方法!「費用・準備・手続き・留学エージェント」

旅行・留学業専門行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、十分な知識と経験を活かし留学カウンセラー業務を行っております

また、以前は、フィリピンの語学学校に勤務していました。

フィリピン留学はここ数年で急激に留学者数が増え、同時に語学学校の数も増加傾向にあります。

フィリピン留学がこれほどまで成長した背景には「高い費用対効果」が挙げられます。

マンツーマンレッスンでありながら、物価の恩恵を受け、格安で留学ができるフィリピンは留学地として最適な場所と言っても過言ではないと思います(初学者の場合)。

しかし、いざフィリピン留学に行こう!と決心した際には「語学学校選び」「留学エージェント選び」など様々なことを決めていかなくてはなりません。

そこで今回はフィリピン留学決意後に、「語学学校選び」「留学エージェント選び」に関して確認しておきたいことをご紹介したいと思います。

フィリピン留学の目的を決める「費用・準備・手続き・留学エージェント」

フィリピンの海は世界各国の旅行誌で「世界一美しい海」と評されることがあります!

まずは、「フィリピン留学の目的を決める」ということはとても大切です。

「英語力を高めたい」「バカンスも同時に楽しみたい」「とにかくリラックスしたい」などフィリピン留学の目的は様々だと思います。

「英語力を高めたい」のであれば1日12時間ほどの授業がある「スパルタ形式」の語学学校への入学を検討すると良いと思います。

「バカンスも同時に楽しみたい」のであればレッスンは1日6~8時間の語学学校(コース)を選ぶことと、セブ島やボラカイ島などリゾート地への渡航を検討すると良いでしょう。

「とにかくリラックスしたい」のであればレッスン数が少ない語学学校(コース)を選び、バギオ(涼しいので暑いのが苦手な場合におすすめです)やクラーク(ネイティブが多く滞在している地域で落ち着いた街です)などへの渡航がおすすめです。

このようにまず目的を決めることによって、大まかな選定をすることができます。

フィリピン語学学校に何を求めるかを明確にする「費用・準備・手続き・留学エージェント」

フィリピンではマンゴー1個数十円で購入することができます!しかも美味しい!!

フィリピンの語学学校は大小を含めると相当数あり、選択肢が多いように感じてしまいます。

また、実際の留学のご相談に「語学学校をどのように選定して良いのかわからない」というものは多いです

しかし、「語学学校に何を求めるか」を明確にしておけば迷うことは少ないと思います。カナダやアメリカと違って把握しきれないほどの語学学校がフィリピンにあるわけではないからです。

「学習カリキュラム」「TOEIC」「食事内容」「校舎や寮」「ジムやプール」「費用」などここだけは譲れないという項目があると思います。

先ほどの「留学の目的」と合わせることで、語学学校の選択肢は必然的に絞られてくると思います。

語学学校に求める条件例(上記以外)

  1. 1日のレッスン数
  2. マンツーマンレッスン比率  
  3. ネイティブ教師レッスンの有無
  4. 日本人比率
  5. 日本人スタッフの有無
  6. 語学学校までの渡航の容易さ
  7. 自習室の有無
  8. 寮のwifiの有無

フィリピン留学での優先順位をつける「費用・準備・手続き・留学エージェント」

日本からフィリピンへのフライトはたったの4時間半ほどです。往復航空券も3万円代〜購入可能です!

ここまでの条件を選定すれば、自ずと数個の語学学校に絞られると思います。最後に語学学校を決定する方法は「条件に優先順位をつけること」です。

可能であれば、紙に留学の目的と優先順位順の条件を書き出すことをおすすめします。

「費用が安い語学学校」が良いのか、「レッスン数が多い語学学校が良いのか」「日本人が少ない(多い)ほうが良いのか」などを細かく書き出していきましょう!

「セブ往復いつでも3万円代〜取得可能」セブ格安航空券をお得に早く購入する方法

2017.10.03

フィリピン留学エージェントに相談「費用・準備・手続き・留学エージェント」

Tabi Joyではフィリピン留学のお手続きを行っております。まずはお気軽にご相談ください。

あとはこの紙に書き出した条件を基に、留学エージェントで相談すればすんなりと条件にあった語学学校が見つかると思います。

留学エージェントを利用すると手数料や仲介料があるから高くなるという場合もありますが、ほとんどの場合は留学エージェントを利用したほうが安くなる傾向にあります。

それは各留学エージェントがキャンペーン価格などを打ち出して「キャッシュバック」などを行っているからです。

そのため、各語学学校の正規料金よりも安く申し込むことができる場合があります。

しかし、各語学学校によって運営方針は異なりますので、「公式ホームページ」と「留学エージェントサイト」を比較することが大切です

Tabi Joy
当事務所を通してのお申し込みの場合はキャッシュバックを行っているので、正規料金よりも安く申し込むことが可能です。また、他の留学エージェントと比較して留学必要を更に抑えたい場合はご相談ください。(詳しくはお問い合わせください)

留学エージェントを選定する方法「費用・準備・手続き・留学エージェント」

まずはフィリピン留学に関する様々な情報を集めるところから始めると良いと思います。

どの留学エージェントを選定するかは、「サポート費用」「カウンセラーの対応」「取扱語学学校」などで選定する必要があります。

留学エージェントは大手だから良いというわけでも、小さいから悪いということでもありません。

留学エージェントそれぞれに特色をもたせているので、実際にカウンセリングを受けたり、メールで問い合わせてみる中で見つけていくしかありません。

ベストな語学学校を選定する上でも、カウンセラーが「フィリピン留学経験があるか」、「フィリピンだけではなく他の国への留学情報も把握しているか」などカウンセラーの力を見ることはとても大切です。

留学の貴重な時間と費用を任せることになりますので、まずは相談や問い合わせをする中でゆっくりと決めていくことが重要です。

留学準備時間に余裕を持たせるために、留学直前ではなく、前もってフィリピン留学情報を得ておくと、実際に準備を進めるときにスムーズになると思います

まとめ

フィリピン留学準備は「留学の目的を決める」→「語学学校に何を求めるかを絞る」→「条件の優先順位を明確にする」→「留学エージェントに相談する」→「留学エージェントの決定」という流れになります

フィリピン留学では高い効果が望めるため、数ヶ月の留学でも十分にTOEICのスコアを向上させることができます。

私自身もフィリピン留学でTOEICを400点ほど向上させることができました。

留学を成功させるためには、十分な知識と経験を持つ、留学カウンセラーに出会うことです。

現在、留学カウンセラーになるための資格は不要なので、留学経験や海外滞在経験がなくとも誰でもなることができます。

そのため、十分なご案内ができていない現状があるのです。

少なくともTOEIC700点以上や長期留学経験、数十カ国への渡航など、知識や経験がある留学カウンセラーに相談することが大切です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

行政書士三浦国際事務所では、各種書類作成(各種契約書・誓約書・示談書・離婚協議書・就業規則・内容証明郵便等作成)や役所への申請手続きをサポートさせて頂いております。

ご依頼者様は、当事務所へ出向くことなく、全ての手続きをオンラインで行うことができるため、プライバシー保護と時間の短縮というメリットがございます。


お問い合わせご依頼

※詳しくは、下記、行政書士三浦国際事務所HPをご覧ください。