「アンコール遺跡群」特集

行政書士でTabiJoy運営者の三浦です。

私は、2度の留学(オーストラリア・フィリピン)、世界5大陸約30ヵ国100都市以上への渡航、行政書士資格(契約書作成や申請代理を行える国家資格です)、総合旅行業務取扱管理者資格(旅行業唯一の国家資格です)、総合旅程管理主任者資格(海外の添乗業務を管理できる資格です)を取得し、旅行業・留学業に特化した行政書士として活動しています

世界の絶景スポットは様々ですが、「アンコール遺跡群」は、その中でも人気の高い場所です。

今回は、そんな大人気のアンコール遺跡群の魅力に迫りたいと思います。

アンコール遺跡群とは

アンコール遺跡(アンコールいせき、Angkor)は、カンボジアの北西部、トンレサップ湖北岸のシェムリアップの北側に位置するクメール王朝時代の遺跡群である。ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。wikipediaより引用

アンコール遺跡群の見所

アンコールワット

「アンコール」とは王都、「ワット」とは寺院を表す言葉で、アンコール遺跡群の中でも、有数の大きさを誇る遺跡です。

アンコールトム

12世紀末に作られた城郭都市遺跡で、「大きい都市」を意味します。

タ・プローム

SuzyT / Pixabay タ・プローム

遺跡群の1つ「タ・プローム」は天空の空ラピュタのモデルになったと言われており、幻想的な魅力に包まれています。

ベンメリア遺跡

ベンメリアは、アンコール・ワットの約40km東の森の中にある寺院です。崩壊が激しく、その全貌は未だにわかっていません。

東メボン

東メボンは、10世紀のヒンドゥー教寺院になります。

王ラージェンドラヴァルマン2世の統治時代に築かれ、現在は干上がった東バライ貯水池の中心にある人工の島であった場所に建っています。

プリア・カン

名は「聖なる剣」を意味し、境内で発見された剣に由来します。

バンテアイ・クディ

バンテアイ・クディとは 「僧坊の砦」と言う意味で、僧の学校として使われたと言われています。

バンテアイ・スレイ

バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味します。大部分が赤い砂岩により建造されているのが特徴です。

Google Mapで見てみよう

アンコール遺跡群はどこにある?

お勧めのアンコールワットとタ・プロームを散策してみよう

Tabi Joy
画面をクリックして歩いてみてください。画面を左クリックしながら上下左右にスクロールすると好きな方向を向くことができます。操作方法がわからない場合はグーグルマップ公式ヘルプへ。また、スマートフォンからだと見れない場合があります。PCにてご覧ください。

アンコールワット入り口

アンコールワット内部

タ・プローム入り口

タ・プローム内部

格安航空券を見つけよう

日本からカンボジア(シェムリアップ)には直行便がないので、タイのバンコクで乗り換える方法が1番ポピュラーです。

移動時間は乗り換え時間を含めず、約8時間程度が目安になります。

日程やキャンペーンによっても航空券の値段が変わってくるので、こまめにチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

知れば知るほど、魅力的な国カンボジア。

しかし、現在でも約600万個もの地雷が眠る国でもあります。

まだまだ、国として発展途中ですが、国民のゆったりとした雰囲気や笑顔に触れることができる、これからの発展が楽しみな国のひとつです。



最後まで読んでいただきありがとうございました。 この記事が気に入っていただけたらシェアしてもらえると嬉しいです。

ABOUTこの記事をかいた人

三浦 哲郎

行政書士の業務には、ご依頼者様のセンシティブな問題に介入する場面もございます。そのため、正確かつ迅速なご対応はもちろん、ご依頼者様の想いに寄り添えるアットホームな事務所運営を心がけております。